Beauty Salon α-BET (alphabet)

space001
Blender3d Collada dae modeling Use Papervision3d on Progression3 and 4 http://a-bet.secret.jp/#/access
more whaison works.
whaison space
space002
http://whaison.jugem.jp/
https://suzuri.jp/whaison
http://whaison.blogspot.com/
http://whaison.tumblr.com/ http://qiita.com/users/whaison http://www.behance.net/whaison https://github.com/whaison/ https://bitbucket.org/whaison http://serato.com/user/whaison http://whaison.hatenablog.jp/

typo memo
http://d.hatena.ne.jp/whaison/


dayNote
http://www.myspace.com/whaison http://ameblo.jp/whaison/ http://blog.crooz.jp/whaison/ http://blog.crooz.jp/whaisoncafe/ http://nenpyo.org/whaison

fulldisk
http://full.shin-gen.jp/
http://whaison.client.jp/
http://www.dclog.jp/whaison/
featured forums.
space004
forum.unity3d.com/ Progression Forum.

FlashDevelop Forum.

Papervision3D Forum.

FlexUserGroup Forum.

SparkProjectForum.





Twitter







Mobile
qrcode
Calendar
SunMonTueWedThuFriSat
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< September 2016 >>
New Entries
Archives
Categories
Recent comment
  • FlashDevelopでフォント埋め込み
    感謝!! (12/24)
  • cocos2d-x-3.0rc0 ,c++ ,cpp でTexturePacker で 吐き出した、plist と png でパラパラアニメーションのコード例
    whaison (04/17)
  • Blender2.67にbvh(web上に2500個以上ころがってる)入れてそのBoneオブジェクトをUnity4.0のmecanimで使う
    whaison (08/19)
  • Apple Dev Center 「Certificates, Identifiers & Profiles」で Adhoc をつくってXCode4.6.1でArchiveしてipaを書き出し
    whaison (04/30)
  • Flash CS6でプロパティーパネルで物理演算のジャンプの高さを設定できるCitrus Engine
    whaison (03/01)
  • 「Flash以外、例えばKinectとか」ON TOKYO (会場:高田馬場4-11-8 Floor 6階 ) 短縮URL http://bit.ly/dI0Bfx
    uka (03/02)
  • FORMES Inc.
    whaison (02/05)
  • App Store Review Guidelines アップル社のアプリ審査基準ガイドライン和訳 Apple が 開発者を悩ませ ユーザーをハッピーにしたいガイドライン。w
    whaison (01/25)
  • Unity3d では ADOBE JAPAN OSAKIで行われたFITC 2010 TOKYOでは、 「iOS用にパブリッシュするためには、フリー版ではなくて、有料版を買ってください。さらに追加のパッケージである、"iOS Package (for Development)"を買ってください」とのことだった。
    whaison (01/25)
  • enjoy Adidas-Futsal-Park
    whaison (01/16)
simple sintax high lighter2.0
space003
SyntaxHighlighter2.0用 の貼り付けコード作成する!
Profile
Links
Recommend
Admin
無料ブログ作成サービス JUGEM
Seach this site
            
2016.09.29 Thursday
Anim_File_Export_class.py GoodOutPut!!

Anim_File_Export_class.py GoodOutPut!!

 

| whaison | MayaPython | 16:03 | comments(0) | - | pookmark |
            
2016.09.29 Thursday
proc rig_to_joint_bakemotion_fbx_v1103_proc081_notJoint_keyframeDelete.mel 存在しないジョイントのキーフレームを選択して削除

proc rig_to_joint_bakemotion_fbx_v1103_proc081_notJoint_keyframeDelete.mel 存在しないジョイントのキーフレームを選択して削除

 

| whaison | MEL(Maya Embedded Language) | 13:52 | comments(0) | - | pookmark |
            
2016.09.27 Tuesday
pythonMethodNeedArgClass.py selfとインスタンスとその名前がとれればクラス内で使えてどのクラスインスタンスがどの処理を実行してるかわかる。

pythonMethodNeedArgClass.py selfとインスタンスとその名前がとれればクラス内で使えてどのクラスインスタンスがどの処理を実行してるかわかる。

関連

がくぞーのメモ さんの 「Pythonのメソッド引数に self を書くメリット」

http://d.hatena.ne.jp/gakuzo/20090715/1247664240

| whaison | Python | 16:10 | comments(0) | - | pookmark |
            
2016.09.27 Tuesday
Ueta CG Tech (blog)さんのNotepad++をMayaのスクリプトエディタにするプラグイン NppMayaのちょっとしたメモ

Ueta CG Tech (blog)さんのNotepad++をMayaのスクリプトエディタにするプラグイン NppMayaのちょっとしたメモ

C:¥Program Files (x86)¥Notepad++¥plugins

直下に

NppMaya.dll 入れて

Mayaでこのpy実行して

適当にNotePad++でpyスクリプト開いて

プラグイン>NppMaya> SendToScript (スクリプトを送信) Ctrl + Enter

 

 

でCtrl + Enter は どことかぶってるかってゆううのは

 

マクロ>ショートカットの変更から

Main menu

 

単語補完Ctrl + Enter になっちゃってるから

 

てきとうにCtrl + ALT +Spacebar でいいかなと。

 

 

 

 

| whaison | MayaPython | 13:45 | comments(0) | - | pookmark |
            
2016.09.27 Tuesday
AUTODESK APP STORE

 

AUTODESK APP STORE ここにのっけてもらえるプラグインかなにかをつくっれたらいいけど、

Unity Asset Storeもやれてないしなあ。

https://apps.autodesk.com/MAYA/JA/List/Search?isAppSearch=True&searchboxstore=MAYA&facet=&collection=&sort=&query=&thumbnail=true

 

| whaison | Maya | 11:39 | comments(0) | - | pookmark |
            
2016.09.27 Tuesday
melからpymel.tools.mel2py.mel2pyStrでのpythonの変換の細かい調整。

melからpymel.tools.mel2py.mel2pyStrでのpythonの変換の細かい調整。

 

melで改行をしてる「+"¥n"」と「¥n」を けしてから

 

あと、出力結果がPyMelにならないようにしてみたり。

出力結果1

出力結果2

 

| whaison | MayaPython | 11:03 | comments(0) | - | pookmark |
            
2016.09.23 Friday
Maya get lightList select light python test code

 

Maya get  lightList python

 

New File

 

 

 

 

http://stackoverflow.com/questions/31961996/maya-python-get-light-type

 

Nodes    type  Light  29 hit

http://download.autodesk.com/global/docs/maya2014/en_us/Nodes/index.html

 

 

 

 

 

MEL と Python の重要な違い

http://me.autodesk.jp/wam/maya/docs/Maya2010/index.html?url=Python_Important_differences_between_MEL_and_Python.htm,topicNumber=d0e177917

 

MEL コマンドは Python でも使用できます。例:

runTimeCommand -command "sphere -name myName" mySphere;

 

 

  • Python は、evalevalDeferredscriptJob の各 Maya コマンドをサポートしていません。ただし、以下に注意してください。
    • Python には、Python エクスプレッションを評価するビルトインの eval 関数があります。
    • Python には、MEL エクスプレッションを評価する maya.mel.eval があります。
    • evalDeferred は、Python では maya.utils.executeDeferred() に置き換えられます。

    詳細については、 Python から MEL を呼び出すを参照してください。

  • MEL には、Maya メッセージ レポートに統合された独自の警告およびエラー メッセージ レポート機能があります。この中には、コマンド ラインでのカラー フィードバックが含まれます。Python には、警告およびエラー レポート機能があるシステム モジュールが装備されています。ただし、これらのモジュールは Maya に統合されておらず、コマンド ラインでのカラー フィードバックは行われません。
  • Python での単位は文字列を引用符で囲んで指定する必要があります。たとえば次のようになります。
    maya.cmds.scale(3, 3, 3, r=True, p=('0cm', '0.5cm', '0cm'))
  • Python でのコマンド フラグ引数は、Python スクリプトを含む文字列(MEL の同等物と同様)か、関数などの Python が呼び出し可能なオブジェクトを取ります。

    例:

    import maya.cmds as cmds 
    def defaultButtonPush(*args):
       print 'Default was pushed.' 
       cmds.window( width=150 ) 
       cmds.columnLayout( adjustableColumn=True ) 
       cmds.button( label='Default', command=defaultButtonPush ) 
       cmds.button( label='Left', align='left' ) 
       cmds.button( label='Center', align='center' ) 
       cmds.button( label='Right', align='right' ) 
       cmds.showWindow()
  • MEL は、値の範囲の指定に Python とは異なる構文を使用します。MEL では、* を使用して値の範囲を指定する場合、「*」を使用して実行します。たとえば、次のようになります。
    select -r surface1.cv["*"][0]; 

    Python では、値の範囲を指定する場合、クォーテーションなしの * を使用します。上の例は、Python では次のようになります。

    cmds.select( 'surface1.cv[*][0]' , r=True) 

 

 

結果を返すことと表示(エコー)することの違い

結果を返すことと表示(エコー)することに関して、MEL と Python では 2 つの点で異なります。1 番目の違いは正しいスクリプト実行に関することで、2 番目の違いは表面的な問題です。このセクションでは、互いを混同しがちな、結果を返すこと表示することの両方について説明します。

この説明は、主に、MEL には慣れているが Python に触れるのは初めてという場合に役立ちます。

 

 

結果を返す

MEL は、スクリプトを実行すると、最後に実行したステートメントの結果があればそれを返します。値を変数に割り当てるステートメント、結果を返すプロシージャ呼び出しは、結果を返すタイプのステートメントです。たとえば、次のコード ブロックには結果があります。MEL はこれをスクリプト エディタやコマンド ラインのメッセージ領域に表示します。

if ( $foo == 1 ) $bar = 42; else $bar = 7;
出力:// 結果: 42 // 

 

これとは対照的に、Python は割り当てられた値を実行はしますが Python では値を割り当てるステートメントは値を返しません。

Python の構文では、単に変数を参照するだけで変数の値を返すことができます。MEL の構文では、完全なステートメントとして単に変数の名前を書くことはできません。

上記の MEL コード フラグメントは、Python では次のように書けます。最後のライン(bar)が結果を返します。

if foo == 1: bar = 42 else bar = 7 bar

foo = 1
if foo == 1:
    bar = 42
else:
    bar = 7 
スクリプトエディタで実行してから 実行Boxに以下を入れると出た。
bar
出力:# 結果: 42 #  

 

いずれかの言語で計算した値を別の言語のコンテキストで使用する場合には、この違いを理解しておくことが重要です。たとえば、Python 値を MEL で使用するには以下のようにするだけ済みます。

$myMELvariable = python ("myPythonVariable");

逆に、MEL 変数を Python で使用するには、以下のように書く必要があります。

 

import maya.mel myPythonVariable = maya.mel.eval ('global $myMELvariable; $temp=$myMELvariable;' )

 

これは、eval コマンドに渡されるスクリプトの最後にある割り当てステートメント($temp=$myMELvariable;)が値を返すため、機能します。

Python では、関数外で作成した MEL 変数(グローバル スコープ)にのみアクセスすることができます。

 

 

 

結果を表示(エコー)する

MEL は、スクリプトの最後のステートメントで返された結果があれば何行でも表示します。

Python では、単一のステートメントの結果だけを表示します。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

| whaison | Python | 18:03 | comments(0) | - | pookmark |
            
2016.09.16 Friday
FBXExportMelEval.py MayaのFBXExportコマンドをpythonから簡単に使う

FBXExportMelEval.py MayaのFBXExportコマンドをpythonから簡単に使う 関連 (http://qiita.com/it_ks/items/8d8f18f6fc359efcd726)

 

ダブルコーテーションがどうとか書式がまあまあ苦労したのでおいておく。

 

mel
FBXExportApplyConstantKeyReducer -v false;
FBXExportInAscii -v true;
FBXExportEmbeddedTextures -v false;
FBXExportShowUI -v false;
FBXExport -f ($savePath) -s;

 

 

pymel
import pymel.core as pm #pymel line 70 only use
pm.FBXExport("-f",FullFilePath+"_pymel_mel_FBXExport","-s")

 

python

cmds.FBXExportApplyConstantKeyReducer('-v',True) #FBXのreductionオプション切り替えがうまくいってない。

cmd.FBXExportApplyConstantKeyReducer が機能してないので、
   maya.mel.eval("FBXExportApplyConstantKeyReducer -v false")でつまりmelでやるしかないようだ。
cmds.FBXExport("-f",FullFilePath+"_UnKeyReduction","-s") #OK

-----------------------------------------------------------------------------------------------------

-----------------------------------------------------------------------------------------------------
参考サイト
MayaのFBXExportコマンド
http://qiita.com/it_ks/items/8d8f18f6fc359efcd726)

| whaison | MayaPython | 22:41 | comments(0) | - | pookmark |
            
2016.09.15 Thursday
Maya Windows bat cmd バッチファイルから mayabatch.exe -command "melStart()"

:: ====================================
:: Maya用Windowsバッチファイルです
:: 0030  mayabatchの変数宣言 C:¥Program Files¥Autodesk¥Maya2016¥bin¥mayabatch.exe  cmd
:: 0050  作業ディレクトリ変数宣言  %AutoWorkSpace%  cmd
:: 0100  作業ディレクトリへ移動  cmd
:: 0200  直下の複数のフォルダパスを保存  cmd
:: 0310、mayabatch.exeのディレクトリ C:¥Program Files¥Autodesk¥Maya2016¥bin へ移動  cmd
:: 0311  Maya Bin mayabatch.exeの入っている ディレクトリチェック dir /b   cmd
:: 0320  Mayaに送るコマンドを変数 CommandSendTxt にいれる  cmd
:: 0340  エスケープするパスの¥を/に検索置換する  cmd
:: 0341  formtPathStr の表記テスト  cmd
:: 0345 実行するコマンドを定義    cmd
:: 0350、Mayaを起動する新規ファイルで  cmd
:: 0400、ワークスペース設定にフォルダパス渡して mel
:: ====================================

AutoMayaBatch_CharaDir_v003.bat

 

 

 

で呼ばれるmelがこれ

mayabatch.mel

コマンドからだとなぜか 「deleteEmptyAnimLayers.mel見つかりません」とかいわれるから C:¥Users¥UserName¥Documents¥maya¥2016¥ja_JP¥scripts に deleteEmptyAnimLayers.mel 追加
| whaison | MEL(Maya Embedded Language) | 16:53 | comments(0) | - | pookmark |
            
2016.09.14 Wednesday
mel エラー : 読み取り専用のノードの名前は変更できません。

mel エラー : 読み取り専用のノードの名前は変更できません。

リファレンスインポート後

リファレンスのリグからジョイントをベイクしたあと

名前を変更しようとしたがこの" mel エラー : 読み取り専用のノードの名前は変更できません。 "

変更負荷を無視しようと

if ( catchQuiet ($resultName=`rename $renameObj $newname`) )
{

        print("416出ちゃったよーー 読み取り専用のノードの名前は変更できません。$procName="+$procName+"¥n");
        if($procName == "rig_to_joint_bakemotion_fbx_v1103_proc062_DeleteNameSpace")
        {
                print("もう次いくわよ rig_to_joint_bakemotion_fbx_v1103_proc071_ExportSetting()");
                rig_to_joint_bakemotion_fbx_v1103_proc071_ExportSetting();
        }
        print("もう一回やれてる?");
}

 

rig_to_joint_bakemotion_fbx_v1103_proc068_renameReadWriteCheck.mel

したがそもそも実行されないとダメなので

 

もう一度 
再度リファレンスをインポートするといい感じに renameができるようになった
が。。
選択があやしく
select -allDagObjects;
select -hi;
全選択へ修正して

そのあとの処理をしたらうまくいった。

 

 

  //010 開始フレームを0フレームにする。                                      rig_to_joint_bakemotion_fbx_v1103_proc010_init_offset();
  //020 参照してるリファレンス達をループしてファイルにインポートする。1  rig_to_joint_bakemotion_fbx_v1103_proc020_referenceImport()
  //031 OriginalJointの取得と選択                                           rig_to_joint_bakemotion_fbx_v1103_proc030_selectOriginalJoint()
  //040 ジョイントに移動XYZ回転XYZをベイク                               rig_to_joint_bakemotion_fbx_v1103_proc040_selectedJointBakeTranslateXYZRotateXYZ()
  //040
  //041 拡大縮小のジョイントがあった場合ベイク                            rig_to_joint_bakemotion_fbx_v1103_proc041_selectedJointBakeScaleXYZ()
  //050 ベイクした骨がジンバル回転ロックしないようオイラーフィルタ         rig_to_joint_bakemotion_fbx_v1103_proc050_RotateUnLockEulerFilter()
  //060 不要なノードの削除、delete 空のレイヤも削除                   rig_to_joint_bakemotion_fbx_v1103_proc060_DeleteDustNode()                           string $reference[] = `file -q -reference -shortName`;
  //061 シーンサイズの最適化 rig_to_joint_bakemotion_fbx_v1103_proc061_cleanUpScene(); cleanUpScene (3);
  //063 リファレンスファイルにインポートする。これをしないとリファレンス参照が邪魔して読み取り専用のノードの名前は変更できません。 rig_to_joint_bakemotion_fbx_v1103_proc063_referenceImport2()
  //065 ネームスペースの削除                                                  rig_to_joint_bakemotion_fbx_v1103_proc065_DeleteNameSpace2()
  //068 rename拡張のチェックと新ネーム設定    rig_to_joint_bakemotion_fbx_v1103_proc068_renameReadWriteCheck(string $renameObj ,string $newname ,string $procName)
  //071 エクスポーター設定                                                     rig_to_joint_bakemotion_fbx_v1103_proc071_ExportSetting()
  //074 OriginalJointの取得と選択                                           rig_to_joint_bakemotion_fbx_v1103_proc074_selectOriginalJoint()
  //077 先頭文字プレフィックスを削除                                         rig_to_joint_bakemotion_fbx_v1103_proc077_DeletePrefix()

  //080 RootノードのZ出力                                                    rig_to_joint_bakemotion_fbx_v1103_proc080_RootTranslateXZoutput()
  //081 RootXZの移動キー削除                                              rig_to_joint_bakemotion_fbx_v1103_proc081_RootTranslateXZdeleteKeyframe()
  //082 FBX保存                                                                rig_to_joint_bakemotion_fbx_v1103_proc082_FbxExport()

 

こんな流れにした。

 

 

Check
| whaison | MEL(Maya Embedded Language) | 21:10 | comments(0) | - | pookmark |