Beauty Salon α-BET (alphabet)

space001
Blender3d Collada dae modeling Use Papervision3d on Progression3 and 4 http://a-bet.secret.jp/#/access
more whaison works.
whaison space
space002
http://whaison.jugem.jp/ https://jp.pinterest.com/whaison/ https://www.instagram.com/whaison/ https://whaison.amebaownd.com/
https://suzuri.jp/whaison
http://whaison.blogspot.com/
http://whaison.tumblr.com/ http://qiita.com/users/whaison http://www.behance.net/whaison https://github.com/whaison/ https://bitbucket.org/whaison http://serato.com/user/whaison http://whaison.hatenablog.jp/

typo memo
http://d.hatena.ne.jp/whaison/


dayNote
http://www.myspace.com/whaison http://ameblo.jp/whaison/ http://blog.crooz.jp/whaison/ http://blog.crooz.jp/whaisoncafe/ http://nenpyo.org/whaison

fulldisk
http://full.shin-gen.jp/
http://whaison.client.jp/
http://www.dclog.jp/whaison/
featured forums.
space004
forum.unity3d.com/

forums.unrealengine.com.

Progression Forum.

FlashDevelop Forum.

Papervision3D Forum.

FlexUserGroup Forum.

SparkProjectForum.





Twitter







Mobile
qrcode
Calendar
SunMonTueWedThuFriSat
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728    
<< February 2017 >>
New Entries
Archives
Categories
Recent comment
  • FlashDevelopでフォント埋め込み
    感謝!! (12/24)
  • cocos2d-x-3.0rc0 ,c++ ,cpp でTexturePacker で 吐き出した、plist と png でパラパラアニメーションのコード例
    whaison (04/17)
  • Blender2.67にbvh(web上に2500個以上ころがってる)入れてそのBoneオブジェクトをUnity4.0のmecanimで使う
    whaison (08/19)
  • Apple Dev Center 「Certificates, Identifiers & Profiles」で Adhoc をつくってXCode4.6.1でArchiveしてipaを書き出し
    whaison (04/30)
  • Flash CS6でプロパティーパネルで物理演算のジャンプの高さを設定できるCitrus Engine
    whaison (03/01)
  • 「Flash以外、例えばKinectとか」ON TOKYO (会場:高田馬場4-11-8 Floor 6階 ) 短縮URL http://bit.ly/dI0Bfx
    uka (03/02)
  • App Store Review Guidelines アップル社のアプリ審査基準ガイドライン和訳 Apple が 開発者を悩ませ ユーザーをハッピーにしたいガイドライン。w
    whaison (01/25)
  • Unity3d では ADOBE JAPAN OSAKIで行われたFITC 2010 TOKYOでは、 「iOS用にパブリッシュするためには、フリー版ではなくて、有料版を買ってください。さらに追加のパッケージである、"iOS Package (for Development)"を買ってください」とのことだった。
    whaison (01/25)
  • enjoy Adidas-Futsal-Park
    whaison (01/16)
  • MacBookAir にFlashPlayer入れたらなった。Mac Flash Player 10.1/10.2でUstream などでカメラが認識されないバグそんなときはUstreamProducer!でもなくiPhoneだと直ぐにライブ配信できた
    whaison (01/14)
simple sintax high lighter2.0
space003
SyntaxHighlighter2.0用 の貼り付けコード作成する!
Profile
Links
Recommend
Admin
無料ブログ作成サービス JUGEM
Seach this site
            
2017.02.26 Sunday
FileVault Off Setting ( ReCovery )
p.p1 {margin: 0.0px 0.0px 0.0px 0.0px; font: 17.0px '.SF UI Text'; color: #454545; min-height: 20.3px} p.p2 {margin: 0.0px 0.0px 0.0px 0.0px; font: 17.0px '.SF UI Text'; color: #454545} p.p3 {margin: 9.0px 0.0px 8.0px 0.0px; font: 17.0px '.SF UI Text'; color: #454545} span.s1 {font-family: '.SFUIText'; font-weight: normal; font-style: normal; font-size: 17.00pt}


FileVault Off   Setting (   ReCovery  )



6CDA67E2-DA12-428F-B27F-6BC3A37889AE.jpg.jpeg


09094159-544B-48FA-900E-EB390B5064F8.jpg.jpeg


4D504FD8-B28A-4E58-969F-6D54500E57FA.jpg.jpeg


0B88D54A-CF85-4EE3-A717-08BB02948F3A.jpg.jpeg


1DB1A6DE-6300-4907-AE64-E9E2C654839D.jpg.jpeg


6DB85499-0233-4917-AEC2-62AAED45653B.jpg.jpeg


IMG_2966.JPG.jpeg


4037A172-7AFF-4A76-A46B-0542A778570C.JPG.jpeg


FBABE156-EEDE-4647-B13B-EC9CD503707C.jpg.jpeg


F9BBA25D-4518-4FA1-8CC4-188D881EC7C5.JPG.jpeg


7AFAE7B0-A6CE-4CBC-AC06-3DE4175CD6CB.JPG.jpeg


D22381A5-638C-41E9-AB0B-86E82880C281.JPG.jpeg


B5E2705E-A8E0-48D5-A57F-9C63E00667F9.JPG.jpeg


129D3551-4666-4BAF-9B30-64102B81BC14.JPG.jpeg


789730C6-126A-467E-929B-16C1E865506A.JPG.jpeg


14FA25D0-BA51-4844-9424-59991BC7D41B.JPG.jpeg


425873EC-21C2-4220-8700-353135E062C5.JPG.jpeg


4FDCDC4F-59F9-421A-89B5-BCA0D44AF947.JPG.jpeg


FileVault Off   Setting (   ReCovery  )

| whaison | DayNote | 19:20 | comments(0) | - | pookmark |
            
2017.02.26 Sunday
MacBookpro SSD FOR GUID PARTITION FOR OS X 10.12 Sierra AND boot camp WINDOWS SSD install ATTENTION S
div.maildrop_icon {background-image: url('https://www.icloud.com/mail_resources/icloud_download.png');background-repeat: no-repeat;display: inline-block;margin: 15px 18px 13px 18px;height: 25px;width: 26px;}@media(-webkit-min-device-pixel-ratio: 2), (min-resolution: 192dpi) {div.maildrop_icon {background-image: url('https://www.icloud.com/mail_resources/icloud_download@2x.png');background-size: 25px 26px;}}
フル解像度の写真をダウンロード
2017/03/28まで利用可能

MacBookpro  SSD   FOR GUID PARTITION FOR OS X 10.12 Sierra AND boot camp WINDOWS SSD install ATTENTION S


IMG_2906.JPG


IMG_2907.JPG


IMG_2908.JPG


IMG_2909.JPG




IMG_2911.PNG


IMG_2912.PNG




IMG_2914.PNG


IMG_2915.PNG






IMG_2918.JPG


IMG_2919.JPG


IMG_2920.JPG














IMG_2927.JPG


IMG_2928.JPG


IMG_2929.JPG


IMG_2930.JPG


IMG_2931.PNG


IMG_2932.PNG


IMG_2933.PNG






IMG_2936.JPG




IMG_2938.JPG


IMG_2939.JPG




IMG_2941.JPG






IMG_2944.JPG


IMG_2945.JPG


IMG_2946.JPG


IMG_2947.JPG


IMG_2948.JPG




IMG_2950.JPG


IMG_2951.PNG


iPhoneから送信
| whaison | DayNote | 13:32 | comments(0) | - | pookmark |
            
2017.02.26 Sunday
SHADER GURU 第3章 シェーダ の デバッグ 方法
body { font-family: Verdana, Arial, Helvetica, sans-serif; font-size: 12px; color: #333333; margin: 10px; } h1, h2, h3, h4, h5, h6, p, ul, ol, li, form, input, textarea { padding: 0px; margin: 0px; } .main { margin: 0px auto; } .page { background-color: #FFFFFF; float: left; padding: 0px; } .header { float: left; } .content { float: left; padding-top: 12px; width:100%; } .left-panel { float: left; padding-top: 20px; padding-bottom: 20px; } .left-panel-in { text-align: justify; clear: both; } .title { font-size: 14px; font-weight: normal; color: #035c7a; margin-bottom: 5px; } .item { margin-bottom: 3px; } .footer { background-color: #000000; width: 800px; height: 55px; float: left; } .footer p { color: #FFFFFF; margin-top: 20px; text-align:center; } .footer a { color: #FFFFFF; } .annotationRef { font-size: 12px; color: #777777; }

Annotations of スキャン 2017-02-26 11.53 copypdf

SHADER GURU          第3章 シェーダ の デバッグ  方法 



テキスト [ページ 1]: p46------ shader debug start

テキスト [ページ 56]: p70------ shader debug end



iPadから送信
| whaison | DayNote | 12:50 | comments(0) | - | pookmark |
            
2017.02.26 Sunday
SHADER GURU 第3章 シェーダ の デバッグ 方法
body { font-family: Verdana, Arial, Helvetica, sans-serif; font-size: 12px; color: #333333; margin: 10px; } h1, h2, h3, h4, h5, h6, p, ul, ol, li, form, input, textarea { padding: 0px; margin: 0px; } .main { margin: 0px auto; } .page { background-color: #FFFFFF; float: left; padding: 0px; } .header { float: left; } .content { float: left; padding-top: 12px; width:100%; } .left-panel { float: left; padding-top: 20px; padding-bottom: 20px; } .left-panel-in { text-align: justify; clear: both; } .title { font-size: 14px; font-weight: normal; color: #035c7a; margin-bottom: 5px; } .item { margin-bottom: 3px; } .footer { background-color: #000000; width: 800px; height: 55px; float: left; } .footer p { color: #FFFFFF; margin-top: 20px; text-align:center; } .footer a { color: #FFFFFF; } .annotationRef { font-size: 12px; color: #777777; }

Annotations of スキャン 2017-02-26 11.53 copypdf


SHADER GURU          第3章 シェーダ の デバッグ  方法 


テキスト [ページ 1]: p46------ shader debug start

テキスト [ページ 56]: p70------ shader debug end



iPadから送信
| whaison | DayNote | 12:49 | comments(0) | - | pookmark |
            
2017.02.26 Sunday
忘れないよう に メモ 不可視 ファイル や 不可視 フォルダ を 表示 する 方法 - Mac OS X 10.12 Sierra -

不可視ファイルや不可視フォルダを表示する方法

まず、「起動ディスク(Macintosh HDなど)」→「アプリケーション」→「ユーティリティ」と移動し「ターミナル」を起動します。

そして、「ターミナル」に以下のように入力します。

defaults write com.apple.finder AppleShowAllFiles -boolean true

Finderを再起動します。

killall Finder

これで不可視ファイルや不可視フォルダが表示されます。

元に戻すには設定を削除します。

defaults delete com.apple.finder AppleShowAllFiles
killall Finder

なお、この方法はMac OS X 10.12 Sierraでできることを確認しました。

| whaison | - | 01:56 | comments(0) | - | pookmark |
            
2017.02.24 Friday
Allegorithmic SUBSTANCE DESIGNER 6 スキャン処理と新規ノードの使用 の日本語訳 2017年2月14日発表

Allegorithmic SUBSTANCE DESIGNER 6 スキャン処理と新規ノードの使用 の日本語訳

2017214日発表

Nicolas Wirrmann

 

https://www.allegorithmic.com/blog/substance-designer-6-unleashed-now-scan-processing-and-new-nodes

より日本語訳

Substance Designer 6 Unleashed: Now with Scan Processing and New Nodes | allegorithmic

 

スキャン処理と

新規ノードの使用 

 

Substance Designer 6には

スキャン処理専用の

新しいフィルタが付属しており、

写真測量に適した

クリーンで

すぐに使用できるタイル材料を

作成するための

完全なワークフローを

構築するのに役立ちます。

Substance Designer 6には、

Curve Node

Text Node

32ビット浮動小数点合成の3つの

主な待望の機能も導入されています。

ベイクは、

8Kまでのベーキングと

不均一な(非正方形の)比率を

サポートするように

深く変更されています

 

これらのアーキテクチャの変更により、

今後さらに多くの機能が拡張されます。

Substance Designer 6.0をダウンロード

 

Substance Designer 6 - The Ultimate 3D Material Authoring Tool

 

リリースノートをすべて入手

 

 

最小限の設定で簡単に撮影できます

カメラ(または電話機)、

三脚、

懐中電灯、

LEDストリップが必要です。

さまざまな光の角度で

同じサーフェスの

4枚または8枚の写真を撮って、

それらをスキャンプロセッサに送ります。

 

スキャン処理

新しいスキャン処理ノードを

使用すると、

事前に照らされた写真セットから

 

正確にスキャンされたマテリアルを

作成できます。

 

これらの写真は、

最小限の設定で簡単に撮影できます:

カメラ(または電話機)、

三脚、

懐中電灯、

LED

が必要です。

さまざまな光の角度で同じサーフェスの4枚または8枚の写真を撮って、それらをスキャンプロセッサに送ります。

 

フィルターは異なる写真をチェックし、

純粋なアルベドだけでなく、

非常に詳細な

法線マップや

高さマップを抽出します。

微調整は必要ありません。

光沢のある素材や金属でも機能します!

材料をシームレスにする適切な方法がなければ、写真測量のパイプラインは完成しません。新しいスマートオートタイルノードはマテリアルの各チャンネルのフィーチャを分析し、マテリアルの重要な要素をカットすることなく現実的な方法でシームを排除するためにマップをカットおよびステッチする最良の方法を見つけます。

このフィルタは、タイル張りに対して多くのコントロールを提供し、あらゆる種類の素材に対応できます。

Scan Processing.jpg

 

ScanResult.jpg

CURVE NODE

 

CURVE NODE

カーブノードでは、カーブプロファイルを定義してカラーデータを再マップすることができます。Substance Designerのコンテキストでは、高度マップを定義/彫刻することが特に便利です。

木質成形、高さマップ作成、比色補正などのエキゾチックなフォームの定義に使用できます。

ベータテスターの画像は次のとおりです。

ニコラダムジャノフ

 

 

テキストノード

テキストノードはかなり自明です!グロー、ドロップシャドウ、アウトラインなどの専用エフェクトフィルタが付属しています。

テキストの入力は、統合の動的な変更のために公開することもできます。統合プラグインはすぐに更新されます。

ベータテスターの画像もまたいくつか:

デイブ・ニコルズ

David-Nicholls-Shot1.jpg

 

ジョニーマルコム

John-Malcolm_FrozenRune_Plane_0.jpg

 

カイヴァイリン

Kay-Vriend-Sci-Fi-Panels_05.jpg

 

ベイカー

 

designer_6_decor_render_b_high_0.jpg

 

テキストノード

テキストノードはかなり自明です!グロー、ドロップシャドウ、アウトラインなどの専用エフェクトフィルタが付属しています。

テキストの入力は、統合の動的な変更のために公開することもできます。統合プラグインはすぐに更新されます。

ベータテスターの画像もまたいくつか:

 

 

 

 

ベイカー

ベーカリーには4つの新機能があります:

  • Substance Painterのように素材/テクスチャを設定して焼くことができるようになり、シーンに複数の素材が含まれている場合には面倒を抑えます。
  • ベーキングの限界は8Kにプッシュされました(将来のアップデートでさらに押し込まれます)。
  • 不均一(非正方形)ベーキングのために、X / Y比をロック解除することができます。
  • 終了する前に(最終的に)ベーキングプロセスをキャンセルすることができます:)

これらの機能に必要な基本的な作業は、パン製造業者のさらなる発展のための扉を開くでしょう。

モデルChristian Le Roux

Bakers_0.png

 

32ビット構成

32ビットの浮動小数点合成が新たな扉を開くだろう。たとえば、新しいPanorama Shapeノードで再生して独自のHDRスタジオマップを作成することができます。

フーリエ変換や3Dノイズ演算子などの将来の更新で追加される新しいコンテンツを期待してください。

モデルChristian Le Roux

32-bit Compositing.png

 

学童用ツールバー

新しい親ツールバーがUIに表示されます。実際には、グラフサイズを扱う際にワークフローを大幅に簡素化します。グラフを特定の解像度で作成するために、絶対X / Yまたは親* Xでグラフを作成する必要はありません。「親に相対」モードでグラフを作成し、このツールバーを使用して作業解像度を設定するだけです。

Parent Toolbar.png

 

SubstanceAcademy.png

物質デザイナー6物質科学アカデミーのチュートリアル

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

| whaison | SubStance , Physically Based Texture , Sphere Camera , Agisoft PhotoScan | 02:29 | comments(0) | - | pookmark |
            
2017.02.23 Thursday
2017 / 02 / 23 / am5:00 Substance Painter 2.5 しんきのう - Brush とうめい,- Color Adobe カラ
p.p1 {margin: 0.0px 0.0px 3.0px 0.0px; font: 21.0px '.SF UI Display'; color: #454545} p.p2 {margin: 0.0px 0.0px 0.0px 0.0px; font: 17.0px '.SF UI Text'; color: #454545} p.p3 {margin: 0.0px 0.0px 0.0px 0.0px; font: 17.0px '.SF UI Text'; color: #454545; min-height: 20.3px} p.p4 {margin: 9.0px 0.0px 8.0px 0.0px; font: 17.0px '.SF UI Text'; color: #454545} p.p5 {margin: 0.0px 0.0px 0.0px 0.0px; font: 17.0px '.SF UI Text'; color: #e4af0a} p.p6 {margin: 0.0px 0.0px 4.0px 0.0px; font: 19.0px '.SF UI Text'; color: #454545} p.p7 {margin: 9.0px 0.0px 8.0px 0.0px; font: 17.0px '.SF UI Text'; color: #e4af0a} p.p8 {margin: 0.0px 0.0px 0.0px 0.0px; font: 17.0px '.SF UI Text'; color: #e4af0a; min-height: 20.3px} span.s1 {font-family: '.SFUIDisplay-Semibold'; font-weight: bold; font-style: normal; font-size: 21.00pt} span.s2 {font-family: '.SFUIText'; font-weight: normal; font-style: normal; font-size: 17.00pt} span.s3 {font-family: '.SFUIText'; font-weight: normal; font-style: normal; font-size: 17.00pt; color: #e4af0a} span.s4 {font-family: '.SFUIText-Semibold'; font-weight: bold; font-style: normal; font-size: 19.00pt} span.s5 {font-family: '.SFUIText-Italic'; font-weight: normal; font-style: italic; font-size: 17.00pt}

2017 /  02  /  23  /  am5:00   Substance Painter 2.5

しんきのう

  - Brush とうめい, 

 - Color  Adobe カラープロファイルなどの管理


and More! | allegorithmic


https://www.allegorithmic.com/blog/substance-painter-25-brush-opacity-color-management-and-more?utm_source=Substance+Live+Indie&utm_campaign=eedadff371-EMAIL_CAMPAIGN_2017_02_21&utm_medium=email&utm_term=0_487b01f4d1-eedadff371-331476425



Substance Painter 2.5 - Brush Opacity, Color Management and More! | allegorithmic








ブログホーム

SUBSTANCE PAINTER 2.5 - ブラシの不透明度、カラーマネージメントなど

Jeremie Noguer on February 21、2017 | 物質画家



http://api.drupal.org/api/function/theme_field/

7



Substance Painter 2.5は、待望の不透明度コントロールをもたらし、スクリプティングAPIに新しいオプションを導入し、VFXやアニメーションスタジオのニーズに対応するための継続的なプッシュの一環としてカラーマネジメントを追加します。このアップデートでは、Substance Designer 6のサポートが追加され、物質の材料やフィルターのテキスト入力、その他の多くの改善や修正がサポートされています。

Substance Painter 2.5をダウンロード

ブラシ・オキサイド・コントロール

ペイントブラシの不透明度コントロールは最終的に利用可能です。それはあなたがそれを期待しているように機能し、同じ不透明度レベルの複数の別々のストロークをペイントすることができます。タッチアップや手塗りアートの微調整に役立ちます。

ヒント:Substance Painterの圧力感度オプションはフロー設定にありますが、ブラシの動作に対する影響はAdobe Photoshopの不透明度設定と同じです。

左:各ストロークで不透明度が累積されます。 - 右:不透明度は複数の連続したストロークにわたって維持されます。

カラーマネージメント

ポストプロセスタブにLUTベースのカラーマネージメントオプションが追加され、業界標準のカラープロファイルをカメラから適用できるようになりました。カスタムのLUTテクスチャをインポートして、映画、ゲームパイプライン、または芸術的な目標にも適応することができます。



セピア



フィルム・ノワール


ブルーオレンジ


セピア



テキストのテキスト入力サポート

新しいSubstance Engine 6のサポートにより、Substance Painterでテキストデカールとステンシルを動的に作成できるようになりました。デフォルトでは12種類のフォントが含まれていました。Substance Designer 6を使用して独自のテキストツールを作成することができます。

それを使用する最も簡単な方法は?「プロシージャルル」シェルフのテキストジェネレータの1つをブラシアルファスロットにドラッグアンドドロップして入力を開始します。


マイケル・パブロビッチによるモデル


CUSTOM SHADER UI API



CUSTOM SHADER UI API

Substance Painterでのカスタムシェーダの使用がこれまで以上に簡単になりました。シェーダのカスタムダイナミックUIを構築することで、最も複雑なシェーダを移植することができます。また、アーティストが使用できるオプションを簡単に制御できます。シェーダパラメータは、テクスチャとともにエクスポートすることができ、ビューポートとターゲットのゲームエンジンまたはレンダラとの比類のない視覚的パリティを可能にします。

カスタムシェーダUI


新シェイダーオプション

また、この機会に、既存のシェーダをリファクタリングし、デフォルトのPBRシェーダにParallax Occlusion Mappingを追加するだけでなく、Dithered Transparencyのサポートを追加しました。



パララックスオクルージョンマッピング

新しいスクリフト機能



新しいスクリフト機能

スクリプティングAPIは、ゲームとVFXパイプラインへのより深い統合をサポートするように拡張されました。Painterプロジェクトにカスタムメタデータを書き込んだり、棚のリソースをバッチインポートしたり、プロジェクトで使用されているメッシュを追跡したりする機能は、Substance Painter 2.5のスクリプトの改善点のサンプルに過ぎません。

更新されたベイカー

パン屋は非正方形と8kのベーキングをサポートするように更新されました。

モデルChristian Le Roux


物質エンジン6サポート

Substance PainterはSubstance Designer 6の新しいノードと機能をすべてサポートするようになりました。


今すぐSubstance Painter 2.5をお試しください









2017 /  02  /  23  /  am5:00   Substance Painter 2.5.png


2017 /  02  /  23  /  am5:00   Substance Painter 2.5.png


render_sepia.jpg.jpeg


magda_multirenderlut_0.jpg.jpeg


render_film_noir.jpg.jpeg


render_blue_orange.jpg.jpeg


render_sepia.jpg.jpeg


magda_multirenderlut_0.jpg.jpeg


SP25_text_0.jpg.jpeg


SP25_Shad.jpg.jpeg


2017 /  02  /  23  /  am5:00   Substance Painter 2.5.png


2017 /  02  /  23  /  am5:00   Substance Painter 2.5.png


2017 /  02  /  23  /  am5:00   Substance Painter 2.5.png


quad.jpg.jpeg


SP25_sd6.jpg.jpeg


iPhoneから送信
| whaison | SubStance , Physically Based Texture , Sphere Camera , Agisoft PhotoScan | 14:53 | comments(0) | - | pookmark |
            
2017.02.22 Wednesday
GPU Technology Filter that determines the value of one coin's currency /////////

GPU Technology Filter that determines the value of one coin's currency ///////// 

 

 

 

 

 

 

Filter that determines the value of one coin currency ///////////////////////////////////////////////////////////////

and effect of value for environment

 

1つのコイン通貨の価値を決定するフィルタ///////////////////////////////////////// //////////////////////

環境への価値の影響

 

 

Filter that determines the value of one coin currency ///////////////////////////////////////////////////////////////and effect of value for environment////////////////////////////////////////////

 

feel value and real value

 

1つのコイン通貨の価値を決定するフィルタ///////////////////////////////////////// //////////////////////

およびenvironment //////////////////////

の値の影響//////////////////////

感触値と実際の値

 

 

 

 

Filter that determines the value of one coin currency ///////////////////////////////////

////////////////////////////

and effect of value for environment////////////////////////////////////////////

feel value and real value?://///////////////////////////

eye screen space image  is real image?

 

 

1つのコイン通貨の価値を決定するフィルタ/////////////////////

//////////////////// //////////////////////

および 環境の値の影響

//////////////////////

感じ値と実際の値:///////////////////////// ///////

目の画面の空間イメージは実在のイメージですか?

 

 

00100:graph that determines the value of one coin(human) currency 00050 /////////////////////////////////00200:  environment value can Chenge  is the set graph value ///////////////////////////////////////////00400 feel graph and real value://///////////////////////////eye screen space image  is real image?

 

 

 

---------------------------///-------------------------

 

00100:graph that determines the value of one coin(human) currency

00050 /////////////////////////////////

00200:  environment value can Chenge  graph curve  value

///////////////////////////////////////////

00400  my feel graph value is not real value

/////////////////////////////eye screen space image  is real image?

/////---------//////-------------------------------

 

00100:1つのコイン(人間)通貨の価値を決定するグラフ

00050 /////////////////////////////////

00200:環境値はグラフ曲線値をチェンジすることができます///////////////////////////////////////////////////////////////// 00400 : 私の感じるグラフの値は実際の値ではありません:///////////////////////////////////////////////////

 

-----//-----------------------------------------------

 

 

 

 

 

 

 

 

 

| whaison | - | 22:56 | comments(0) | - | pookmark |
            
2017.02.22 Wednesday
Rubyで書かれたPhotoshop.psdファイルパーサー

 

https://github.com/whaison/psd.rb

Rubyで書かれたPhotoshop.psdファイルパーサーです

 

 

 

 

 README.md

# PSD.rb

[![Travis CI](https://travis-ci.org/layervault/psd.rb.png?branch=master)](https://travis-ci.org/layervault/psd.rb)

Rubyで書かれた一般的なPhotoshopファイルパーサーです。これを使用すると、管理可能なツリー構造でPhotoshopドキュメントを操作し、次のような重要なデータを見つけることができます。

  • 文書構造
  • ドキュメントサイズ
  • レイヤー/フォルダーサイズ+位置決め
  • レイヤー/フォルダー名
  • レイヤー/フォルダの可視性と不透明度
  • フォントデータ([psd-enginedata](https://github.com/layervault/psd-enginedata)経由)   * テキストエリアの内容   * フォント名、サイズ、色
  • カラーモードとビット深度
  • ベクトルマスクデータ
  • フラット化された画像データ
  • レイヤーコンプ

PSD.rbは以下に対してテストされています:

  • MRI 1.9.3,2.0.0,2.1.0
  • JRuby(1.9.3モード)

MRI Rubyを使用しており、ネイティブコードでPSD.rbを大幅に高速化することに興味がある場合は、[psd_native](https://github.com/layervault/psd_native)を参照してください。

インストール

この行をアプリケーションのGemfileに追加します:

    gem 'psd'

そして、以下を実行します:

    $ bundle

または、自分でインストールしてください:

    $ gem install psd

## 使用法

[完全なソースコードのドキュメント](http://rubydoc.info/gems/psd/frames)が利用可能ですが、PSDデータを使用してアクセスするための一般的な方法がいくつかあります:

PSDを読み込む

``ルビー

----------------------------------///---- --/-/-///-------/--/--11111-------:// ---------11-111111-111111111---------- --/////------------------------------

PSD.rb

Travis CI

A general purpose Photoshop file parser written in Ruby. It allows you to work with a Photoshop document in a manageable tree structure and find out important data such as:

  • Document structure
  • Document size
  • Layer/folder size + positioning
  • Layer/folder names
  • Layer/folder visibility and opacity
  • Font data (via psd-enginedata)
    • Text area contents
    • Font names, sizes, and colors
  • Color mode and bit-depth
  • Vector mask data
  • Flattened image data
  • Layer comps

PSD.rb is tested against:

  • MRI 1.9.3, 2.0.0, 2.1.0
  • JRuby (1.9.3 mode)

If you use MRI Ruby and are interested in significantly speeding up PSD.rb with native code, check out psd_native.

Installation

Add this line to your application's Gemfile:

gem 'psd'

And then execute:

$ bundle

Or install it yourself as:

$ gem install psd

Usage

The full source code documentation is available, but here are some common ways to use and access the PSD data:

Loading a PSD

require 'psd'

psd = PSD.new('/path/to/file.psd')
psd.parse!

Or, if you prefer the File.open way of doing things, you can do that too.

require 'psd'

PSD.open('path/to/file.psd') do |psd|
  p psd.tree.to_hash
end

As you can see, open calls parse! for you, so that you can get down to business right away.

If you happen to prefer things DSL-style, the open method will also let you operate on the PSD object directly. Again, the call to parse! is handled for you.

require 'psd'

PSD.open('path/to/file.psd') do
  p tree.to_hash
end

Traversing the Document

To access the document as a tree structure, use psd.tree to get the root node. From there, work with the tree using any of these methods:

  • root: get the root node from anywhere in the tree
  • root?: is this the root node?
  • children: get all immediate children of the node
  • has_children?: does this node have any children?
  • childless?: opposite of has_children?
  • ancestors: get all ancestors in the path of this node (excluding the root)
  • siblings: get all sibling tree nodes including the current one (e.g. all layers in a folder)
  • next_sibling: gets the sibling immediately following the current node
  • prev_sibling: gets the sibling immediately before the current node
  • has_siblings?: does this node have any siblings?
  • only_child?: opposite of has_siblings?
  • descendants: get all descendant nodes not including the current one
  • subtree: same as descendants but starts with the current node
  • depth: calculate the depth of the current node (root node is 0)
  • path: gets the path to the current node

For any of the traversal methods, you can also retrieve folder or layer nodes only by appending _layers or _groups to the method. For example:

psd.tree.descendant_layers

If you know the path to a group or layer within the tree, you can search by that path. Note that this always returns an Array because layer/group names do not have to be unique.

psd.tree.children_at_path("Version A/Matte")
psd.tree.children_at_path(["Version A", "Matte"])

Layer Comps

You can also filter nodes based on a layer comp. To generate a new tree with layer visibility and position set according to the layer comp data:

# Get information about all the available layer comps
puts psd.layer_comps

# Can filter by name or by ID (obtained from above)
tree = psd.tree.filter_by_comp('Version A')
puts tree.children.map(&:name)

This returns a new node tree and does not alter the original.

Accessing Layer Data

To get data such as the name or dimensions of a layer:

psd.tree.descendant_layers.first.name
psd.tree.descendant_layers.first.width

PSD files also store various pieces of information in "layer info" blocks. Which blocks a layer has varies from layer-to-layer, but to access them you can do:

psd.tree.descendant_layers.first.text[:font]

# Returns
{:name=>"HelveticaNeue-Light",
 :sizes=>[33.0],
 :colors=>[[255, 19, 120, 98]],
 :css=>
  "font-family: ¥"HelveticaNeue-Light¥", ¥"AdobeInvisFont¥", ¥"MyriadPro-Regular¥";¥nfont-size: 33.0pt;¥ncolor: rgba(19, 120, 98, 255);"}

Exporting Data

When working with the tree structure, you can recursively export any node to a Hash.

pp psd.tree.to_hash

Which produces something like:

{:children=>
  [{:type=>:group,
    :visible=>false,
    :opacity=>1.0,
    :blending_mode=>"normal",
    :name=>"Version D",
    :left=>0,
    :right=>900,
    :top=>0,
    :bottom=>600,
    :height=>900,
    :width=>600,
    :children=>
     [{:type=>:layer,
       :visible=>true,
       :opacity=>1.0,
       :blending_mode=>"normal",
       :name=>"Make a change and save.",
       :left=>275,
       :right=>636,
       :top=>435,
       :bottom=>466,
       :height=>31,
       :width=>361,
       :text=>
        {:value=>"Make a change and save.",
         :font=>
          {:name=>"HelveticaNeue-Light",
           :sizes=>[33.0],
           :colors=>[[255, 19, 120, 98]],
           :css=>
            "font-family: ¥"HelveticaNeue-Light¥", ¥"AdobeInvisFont¥", ¥"MyriadPro-Regular¥";¥nfont-size: 33.0pt;¥ncolor: rgba(19, 120, 98, 255);"},
         :left=>0,
         :top=>0,
         :right=>0,
         :bottom=>0,
         :transform=>
          {:xx=>1.0, :xy=>0.0, :yx=>0.0, :yy=>1.0, :tx=>456.0, :ty=>459.0}},
       :ref_x=>264.0,
       :ref_y=>-3.0}]
  }],
:document=>{:width=>900, :height=>600}}

You can also export the PSD to a flattened image. Please note that, at this time, not all image modes + depths are supported.

png = psd.image.to_png # reference to PNG data
psd.image.save_as_png 'path/to/output.png' # writes PNG to disk

This uses the full rasterized preview provided by Photoshop. It does not use the built-in rendering engine (described below). If the file was not saved with Compatibility Mode enabled, this will return an empty image.

Preview Building

You can build previews of any subset or version of the PSD document using the built-in renderer. This is useful for generating previews of layer comps or exporting individual layer groups as images.

# Save a layer comp
psd.tree.filter_by_comp("Version A").save_as_png('./Version A.png')

# Generate PNG of individual layer group
psd.tree.children_at_path("Group 1").first.to_png

Slices

Because slices are relative to the full document, you can access them directly on the psd object. Use psd.slices to get an array of all slices in the document.

slices = psd.slices
slices.first.name #=> "Logo"
slices.first.left #=> 20
slices.first.width #=> 200

You can also search for slices if you know their name or ID. Because slice names do not need to be unique, slices_by_name will always return an array of all matches.

psd.slice_by_id(2)
psd.slices_by_name('Logo')

When you create a slice based off of a layer, Photoshop stores this relation in the file. If you have a slice that was created this way, you can easily get the associated layer.

slice = psd.slices_by_name('Logo').first
slice.associated_layer #=> <PSD::Node::Layer>

Finally, you can export slices as PNGs.

psd.slices.first.to_png #=> ChunkyPNG canvas
psd.slices_by_name('Logo').first.save_as_png('Logo.png') #=> writes Logo.png

Debugging

If you run into any problems parsing a PSD, you can enable debug logging via the PSD_DEBUG environment variable. For example:

PSD_DEBUG=true bundle exec examples/parse.rb

If you need to enable debugging programatically:

PSD.debug = true

To-do

There are a few features that are currently missing from PSD.rb.

  • More image modes + depths for image exporting
  • Support for rendering all layer styles
  • Support for layer comp adjusted layer styles
  • Render engine fixes for groups with lowered opacity
| whaison | file-parser | 22:43 | comments(0) | - | pookmark |
            
2017.02.22 Wednesday
___hatena__.rtfd

___hatena__.rtfd

 

 

 

Mac 「?」 アイコン, ?アイコンでたら  ?

—————————————————————————————

—————————————————————————————

—————————————  START ————————————

—————————————————————————————

—— Mac Book Pro  Air 「?」 アイコン, ?アイコンでたら     ——

—————————————————————————————

—                   OS X ユーティリティー の起動方法                        —

—————————————————————————————

 

OS X ユーティリティー の起動方法  

Mac Book Pro  Air 「?」 アイコンでたら

 

電源キー長押しで

起動音鳴らして

command + R

押し続けて  回転する地球がでたら

はなせます

 

 

—————————————————————————————

—— Mac Book Pro  Air 「?」 アイコン, ?アイコンでたら     ——

————————————— E N D —————————————

—————————————————————————————

—————————————————————————————

—————————————  START ————————————

—                   OS X ユーティリティー の起動方法                        —

—————————————————————————————

 

OS X ユーティリティー の起動方法

OS X ユーティリティの画面。Macのメンテナンスはこの画面で行います

 

 

 

アップルマークから

起動ディスク...

 

 

起動ディスクが表示されない 状態

 

 

 

 

ディスクユーティリティー

 

 

ディスクを検証

 

 

 

 

 

 

—————————————————————————————

—                   OS X ユーティリティー の起動方法                        —

————————————— E N D —————————————

—————————————————————————————

—————————————————————————————

—————————————————————————————

—                 リカバリー領域から起動してインストール                  —

—————————————————————————————

以下

https://allabout.co.jp/gm/gc/402567/2/

より引用

 

 

方法1:リカバリー領域から起動してインストール

OS X Mountain Lionがインストールされた内蔵ドライブには「リカバリー領域」が作成されており、この領域から起動することで内蔵ドライブの初期化やOS Xの再インストールが可能です。

リカバリー領域から起動するには、Macを再起動してグレーのアップルマークが現れるまでに optionキーを押し※続け、Recovery HD を選択してリターンキーを押します。

※無線タイプのキーボードの場合キーを押すタイミングがあり、起動音が鳴っている間にキー操作する必要があります。

 

起動ディスク選択画面。これ以外でも command + Rを押す方法もある

 

リカバリー領域から起動すると、OS Xを再インストールしたり、ターミナルやディスクユーティリティを使うことができます。ディスクユーティリティを使ってハードディスクをフォーマットすれば、内蔵ドライブよりも古いバージョンのOS Xをインストールすることも可能です。

 

 

OS X ユーティリティの画面。Macのメンテナンスはこの画面で行います

 

 

ただし、ディスクユーティリティでパーティションを変更しようとするとエラーが表示されるので、そのような作業を行いたい場合は「Lion 復元ディスクアシスタント」を使って「復元ディスク」を作成して作業します。

 

ただし、ディスクユーティリティでパーティションを変更しようとするとエラーが表示されるので、そのような作業を行いたい場合は「Lion 復元ディスクアシスタント」を使って「復元ディスク」を作成して作業します。

 

—————————————————————————————

—                 リカバリー領域から起動してインストール                  —

————————————— E N D —————————————

—————————————————————————————

—————————————————————————————

—————————————————————————————

—                 インターネット復元を利用してインストール              —

—————————————————————————————

 

 

方法2:インターネット復元を利用してインストール

パーティションを分割している場合はリカバリー領域が存在しない場合があるため、optionキーを押しながら起動しても復元ディスクが現れない場合があります、このようなときは「インターネット復元」と呼ばれる機能が利用してOS Xを新規インストールできます。

 

【インターネット復元の利用手順】

  •  Macを再起動し、commandキーを押しながら R キーを押し続けます。(無線キーボードの場合、起動音が鳴っている間に操作してください)
  • 少しするとアップルマークの代わりに地球のアイコンが表示されます。インターネット接続が必要なので、無線LANのアクセスポイントを選択しパスワードを入力してください

 


  • インターネット復元は利用できる機種が限定されるので注意
  • ゲージが表示され、しばらく待つとリカバリー領域から起動したのと同じ「OS X ユーティリティ」が起動してくるので、同様に操作してOSのインストールなどの作業を行います

 

注意事項:インターネット復元は、利用可能なモデルが限定されるので注意してください。(対応モデル一覧

 

 

—————————————————————————————

—                 インターネット復元を利用してインストール              —

————————————— E N D —————————————

—————————————————————————————

—————————————————————————————

—————————————————————————————

—       OS XをフルでインストールできるUSBメモリを作成する     --

—————————————————————————————

 

→ OS X をフルインストールできるUSBメモリを作成する 

https://allabout.co.jp/gm/gc/402567/3/

より引用

方法3:OS XをフルでインストールできるUSBメモリを作成する

企業内などのプロキシ環境下やインターネットに接続できない場合でも使えるように、あらかじめOS XをインストールできるUSBメモリ(8GB以上が必要)を作成しておく方法もあります。5GB以上の領域があればSDカードやUSB接続ハードディスクも利用できますが、作成時にはプロキシーを介さないインターネット接続が必要です。

 

作業の流れは大きく分けて「OS Xインストールデーターの取得」「OS X インストールUSBドライブの作成」の2つ。やや複雑な手順となりますので内蔵ドライブのデータをバックアップしてから作業してください。

 

その1:OS Xインストールデーターの取得

 

【作業手順】

  • リカバリー領域またはインターネット復元を使ってMacを起動
  • 「OS Xを再インストール」(図3−1)を選んで、内蔵ドライブにOS Xを再インストールする操作を行います。インストールしようとするOSが内蔵ドライブと同じバージョンならば、フォーマットする必要はありません
  • ダウンロードが終了すると、Macが再起動しますので、インストールが完了するまえに「OS X インストーラーを終了」(図3−2)を実行。確認ダイアログが表示されるので「再起動」をクリックします。インストールが終わってしまうと2.でダウンロードしたデータが消えてしまうので必ず行ってください
  • 再起動中に commandキーを押しながら R キーを押し、リカバリー領域またはインターネット復元を使ってMacを起動します。Macをそのまま起動するとインストールが再開してしまうので注意してください
  • 「ユーティリティ」メニューから「ターミナル」を実行(図3−3)
  • 「mount -uw /」とタイプ(図3−4)してreturnキーを押します。内蔵ドライブを読み書き可能にするために必要な操作です
  • 「cd "/Volumes/Macintosh HD/OS X Install Data/"」とタイプ(図3−5)してリターンキーを押します。「"」はshift + * で入力できます
  • 「cp InstallESD.dmg "/Volumes/Macintosh HD" /」とタイプ(図3−6)してリターンキーを押します。InstallESD.dmg というのがOS Xのインストールデータで、この操作によってバックアップします。コピーが終わるまでしばらく待ちます。(※“Macintosh HD”の部分は内蔵ドライブの名前で、環境によっては異なる場合があります)
  • ターミナルを終了し、Macを再起動して2.で中断したインストールを完了させ、Macを内蔵ドライブから起動します
  • Finder で「移動」メニューの「コンピュータ」を開き、Macintosh HDを開くと、8. でコピーした「InstallESD.dmg」があります(図3−7)

 

(※ターミナルの説明で“Macintosh HD”と書かれた部分は内蔵ドライブの名前で、環境によっては異なる場合があります)

 

 

(図3−1)

 

この作業を行うことによりMacのモデル固有のOS Xをダウンロードします

 

(図3−2)

 

インストールを中断します。メニューはマウスを画面上部に移動すると出てきます

 

(図3−3)

 

ユーティリティ メニューからターミナルを起動

 

(図3−4)

 

mount -uw / を実行して内蔵ドライブを読み書き可能にします

 

(図3−5)

 

ダウンロードしたOS Xのイメージをコピーするためフォルダを移動します

 

(図3−6)

 

cp コマンドで InstallESD.dmg をMacintosh HDのルートにコピー

 

 (図3−7)

 

InstallESD.dmg をゲット!

 

—————————————————————————————

—       OS XをフルでインストールできるUSBメモリを作成する     --

————————————— E N D —————————————

—————————————————————————————

—————————————————————————————

—————————————————————————————

—                 OS X インストールUSBドライブの作成                  —

—————————————————————————————

 

→ その2:OS X インストールUSBドライブの作成

https://allabout.co.jp/gm/gc/402567/4/

より

その2:OS X インストールUSBドライブの作成

入手した「InstallESD.dmg」を使ってUSBドライブを作成しましょう

 

【作成手順】

  • 「InstallESD.dmg」をFinder上でダブルクリックしてマウントします
  • ディスクユーティリティを起動し「ファイル」>「ディスクイメージを開く…」を実行(図3−8)
  • 「Mac OS X Install ESD」ドライブを選択した状態で、command キーとshiftキーを押しながら「.(ピリオド)」を押し、不可視ファイルを表示します(図3ー9)
  • 「BaseSystem.dmg」が見えるので、それを選択状態にして「開く」をクリック
  • ディスクユーティリティの右側に「BaseSystem.dmg」が追加されるので、クリックして選択状態にします
  • 「復元」タブに切り替えて、ソースには「BaseSystem.dmg」、復元先に8GBのUSBドライブをドラッグ&ドロップしてセットし、右下の「復元」ボタンをクリックします(図3ー10)
  • 復元が終了したら、マウントされたイメージ(Mac OS X Base System」の「System > Installation」を開きます(図3−11)
  • 「Package」のエイリアスを削除し、Finderに切り替えて「Mac OS X Install ESD」にある「Package」フォルダを先ほどの「System > Installation」にコピーします(図3−12)
  • 以上で「OS X インストールUSBドライブ」の作成は完了しました。システム環境設定 - 起動ディスクで選択するなどしてMacを再起動すればOS Xを新規にインストールできます(図3−13)

 

(図3−8)

 

ディスクイメージを開いて中身を参照します

 

(図3−9)

 

command + shift + . (ピリオド)を押して、不可視ファイルを表示させ、Basesystem.dmgを入手します

 

(図3−10)

 

「復元」タブに移動、BaseSystem.dmg を元にしてUSBドライブを作成します

 

(図3−11)

 

Packageのエイリアスを削除

 

(図3−12)

 

InstallESD.dmg の中にある Packages フォルダをコピー

 

(図3−13)

 

作成したUSBドライブを起動ディスクとして選択し、Macを起動します

 

—————————————————————————————

—       OS XをフルでインストールできるUSBメモリを作成する     --

————————————— E N D —————————————

—————————————————————————————

—————————————————————————————

—————————————————————————————

—      WindowsをインストールできるUSBメモリを作成する         --

—————————————————————————————

→ 次は Windows のインストールUSBドライブを作成

https://allabout.co.jp/gm/gc/402567/5/

より

 

Windows DVD-ROM必須?!

Windows 7のインストール光学ドライブを使わずMacへWindowsをインストールするには、WindowsのISOイメージが必要になります。ISOイメージとはDVD-ROMを1つのファイルに変換したもので、光学ドライブを内蔵したMacがあるならば「ディスクユーティリティ」Windowsならば「ImgBurn」を使って作成できます。

 

一切光学ドライブのお世話になりたくないならばMicrosoft StoreよりWindows 7をダウンロード購入することで、ISOイメージの入手が可能です。プロダクトキーを持っているならISOイメージを取得する方法はほかにもいろいろありますので、ネットを検索してみてください。

 

Windows 7のインストールDVDからUSBドライブを作成する手順

ここでは光学ドライブ内蔵のiMacを使ってWindows 7のインストールDVDからISOイメージを作成し、そこからWindows 7 のインストール用USBドライブを作成する手順を紹介します。WindowsのインストールUSBドライブを作成すれば、光学ドライブを内蔵しないMacでもWindowsのインストールが可能になります。

 

【ISOイメージの作成手順】

  • ディスクユーティリティを起動します
  • Windows 7 のDVD-ROMをセットします
  • ディスクユーティリティの左側にあるWindows 7のDVD-ROMをクリックし、選択状態にします(図4−1)
  • ディスクユーティリティのメニュー「ファイル」> 「新規」>「"XXXX" からのディスクイメージ…」を実行("XXXX"はDVD-ROMのラベル名)
  • 「イメージフォーマット:」を「DVD/CD マスター」にして「保存」をクリックします(図4−2)
  • 保存が完了したら、出来上がったイメージの拡張子を「.cdr」から「.iso」に変更します

 

(図4−1)

 

ディスクユーティリティでISOイメージを作成します

 

(図4−2)

 

イメージフォーマットをDVD/CDマスターに変更し、保存をクリック

 

【ISOイメージからUSBメモリの作成手順】

  • アプリケーション > ユーティリティにある「Boot Camp アシスタント」を起動
  • 「続ける」をクリックして「Windows 7 インストールディスクを作成」だけをオンにした状態で「続ける」をクリック(図4−3)
  • ISO イメージ:に先ほど作成したISO イメージをセットし、Macに8GBのUSBメモリをセットして「続ける」をクリック(図4−4)
  • 以上でWindows 7 をインストール可能なUSBメモリが作成されます。このUSBメモリでMacを起動すればWindowsのインストールが始まります。

 

(図4−3)

 

Boot Camp アシスタントで ISOイメージからUSBドライブを作成できます

 

(図4−4)

 

USBメモリを接続し、ISOイメージを指定すれば、インストールUSBドライブができあがる

 

注意事項:Macのモデルによっては「Windows 7 インストールディスクを作成」する機能は利用できません。特に古いMacBook Airでは使えないので注意してください

 

—————————————————————————————

—      WindowsをインストールできるUSBメモリを作成する         --

————————————— E N D —————————————

—————————————————————————————

—————————————————————————————

—————————————————————————————

————— — —  —       ほか 関連サイト   — — — ——————

—————————————————————————————

 

【関連サイト】

アップル - サポート - Boot Camp

よくお問い合わせいただく質問(FAQ)

MacへのWindowsインストール方法と注意点(All About) 

 

 

 

 

 

 

 

| whaison | - | 13:55 | comments(0) | - | pookmark |