Beauty Salon α-BET (alphabet)

space001
Blender3d Collada dae modeling Use Papervision3d on Progression3 and 4 http://a-bet.secret.jp/#/access
more whaison works.
whaison space
space002
http://whaison.jugem.jp/ https://jp.pinterest.com/whaison/ https://www.instagram.com/whaison/ https://whaison.amebaownd.com/
https://suzuri.jp/whaison
http://whaison.blogspot.com/
http://whaison.tumblr.com/ http://qiita.com/users/whaison http://www.behance.net/whaison https://github.com/whaison/ https://bitbucket.org/whaison http://serato.com/user/whaison http://whaison.hatenablog.jp/

typo memo
http://d.hatena.ne.jp/whaison/


dayNote
http://www.myspace.com/whaison http://ameblo.jp/whaison/ http://blog.crooz.jp/whaison/ http://blog.crooz.jp/whaisoncafe/ http://nenpyo.org/whaison

fulldisk
http://full.shin-gen.jp/
http://whaison.client.jp/
http://www.dclog.jp/whaison/
featured forums.
space004
forum.unity3d.com/

forums.unrealengine.com.

Progression Forum.

FlashDevelop Forum.

Papervision3D Forum.

FlexUserGroup Forum.

SparkProjectForum.





Twitter







Mobile
qrcode
Calendar
SunMonTueWedThuFriSat
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< July 2019 >>
New Entries
Archives
Categories
Recent comment
  • FlashDevelopでフォント埋め込み
    感謝!! (12/24)
  • cocos2d-x-3.0rc0 ,c++ ,cpp でTexturePacker で 吐き出した、plist と png でパラパラアニメーションのコード例
    whaison (04/17)
  • Blender2.67にbvh(web上に2500個以上ころがってる)入れてそのBoneオブジェクトをUnity4.0のmecanimで使う
    whaison (08/19)
  • Apple Dev Center 「Certificates, Identifiers & Profiles」で Adhoc をつくってXCode4.6.1でArchiveしてipaを書き出し
    whaison (04/30)
  • Flash CS6でプロパティーパネルで物理演算のジャンプの高さを設定できるCitrus Engine
    whaison (03/01)
  • 「Flash以外、例えばKinectとか」ON TOKYO (会場:高田馬場4-11-8 Floor 6階 ) 短縮URL http://bit.ly/dI0Bfx
    uka (03/02)
  • App Store Review Guidelines アップル社のアプリ審査基準ガイドライン和訳 Apple が 開発者を悩ませ ユーザーをハッピーにしたいガイドライン。w
    whaison (01/25)
  • Unity3d では ADOBE JAPAN OSAKIで行われたFITC 2010 TOKYOでは、 「iOS用にパブリッシュするためには、フリー版ではなくて、有料版を買ってください。さらに追加のパッケージである、"iOS Package (for Development)"を買ってください」とのことだった。
    whaison (01/25)
  • enjoy Adidas-Futsal-Park
    whaison (01/16)
  • MacBookAir にFlashPlayer入れたらなった。Mac Flash Player 10.1/10.2でUstream などでカメラが認識されないバグそんなときはUstreamProducer!でもなくiPhoneだと直ぐにライブ配信できた
    whaison (01/14)
simple sintax high lighter2.0
space003
SyntaxHighlighter2.0用 の貼り付けコード作成する!
ブログパーツ-BLOG PARTS.
Profile
Links
Recommend
Admin
無料ブログ作成サービス JUGEM
Seach this site
            
2017.03.26 Sunday
https://blog.codecamp.jp/linux-install から必要なUSBの部分だけ抜粋 メモ 途中

 

 

https://blog.codecamp.jp/linux-install から必要なUSBの部分だけ抜粋

 

    OS X El CapitanとUbuntu 16.04 LTSのデュアルブート環境を構築する  http://ottan.xyz/el-capitan-ubuntu-dual-boot-4020/

 

 

注意点としては、Ubuntuのデフォルトのインストール状態ではWi-Fi接続を行うことができません。私が使用しているMacに搭載されているインターフェイスの情報は、上図の通りです。同一の「Broadcom BCM43xx」であれば、後述の手順でWi-Fiに接続できるようになります。

カードの種類: AirMac Extreme  (0x14E4, 0x134)

  ファームウェアのバージョン: Broadcom BCM43xx 1.0 (7.21.171.10.1a16)

 

 

注意点としては、Ubuntuのデフォルトのインストール状態ではWi-Fi接続を行うことができません。私が使用しているMacに搭載されているインターフェイスの情報は、上図の通りです。同一の「Broadcom BCM43xx」であれば、後述の手順でWi-Fiに接続できるようになります。

 

 

Ubuntu 16.04 LTSのISOファイルをダウンロードします。

iSO ready

http://releases.ubuntu.com/16.04/

http://releases.ubuntu.com/16.04/ubuntu-16.04.2-desktop-amd64.iso

 

/Applications/Utilities/Disk Utility.app

 

続いて、16GB以上のフラッシュメモリ(USBメモリ)を用意します。あらかじめ、ディスクユーティリティからフォーマットを行っておきます。フォーマットする際に、

「名前」は任意、

「フォーマット」は「MS-DOS(FAT)」、

「方式」は「GUIDパーティションマップ」

を選択します。

 

続いて、USBメモリを接続したまま、ターミナルを開きます。ターミナルは、「アプリケーション」→「ユーティリティ」フォルダの中にあります。ターミナルを開いたら、以下のコマンドを実行します。

$ diskutil list

T512G1GUIDnoMBP:~ t512g1guid$ diskutil list

/dev/disk0 (internal, physical):

   #:                       TYPE NAME                    SIZE       IDENTIFIER

   0:      GUID_partition_scheme                        *1.0 TB     disk0

   1:                        EFI EFI                     209.7 MB   disk0s1

   2:                  Apple_HFS Macintosh HD            499.0 GB   disk0s2

   3:                 Apple_Boot Recovery HD             650.0 MB   disk0s3

   4:       Microsoft Basic Data BOOTCAMP                500.7 GB   disk0s4

 

/dev/disk1 (external, physical):

   #:                       TYPE NAME                    SIZE       IDENTIFIER

   0:                            ENTERTAIN 2016         *5.9 GB     disk1

 

/dev/disk2 (external, physical):

   #:                       TYPE NAME                    SIZE       IDENTIFIER

   0:      GUID_partition_scheme                        *512.1 GB   disk2

   1:                        EFI EFI                     209.7 MB   disk2s1

   2:                  Apple_HFS T512G1GUID              255.5 GB   disk2s2

   3:                 Apple_Boot Recovery HD             650.0 MB   disk2s3

   4:                  Apple_HFS T512G2GUID              255.1 GB   disk2s4

   5:                 Apple_Boot Recovery HD             650.0 MB   disk2s5

 

/dev/disk3 (external, physical):

   #:                       TYPE NAME                    SIZE       IDENTIFIER

   0:      GUID_partition_scheme                        *512.1 GB   disk3

   1:                        EFI EFI                     209.7 MB   disk3s1

   2:                  Apple_HFS R512G4GUID              200.0 GB   disk3s2

   3:                  Apple_HFS R512G6GUID              55.7 GB    disk3s3

   4:                  Apple_HFS R512G3GUID              199.5 GB   disk3s4

   5:                 Apple_Boot Recovery HD             650.0 MB   disk3s5

   6:                  Apple_HFS R512G5GUID              55.6 GB    disk3s6

 

/dev/disk4 (external, physical):

   #:                       TYPE NAME                    SIZE       IDENTIFIER

   0:      GUID_partition_scheme                        *15.5 GB    disk4

   1:                        EFI EFI                     209.7 MB   disk4s1

   2:       Microsoft Basic Data UBUNTU010US             15.3 GB    disk4s2

 

T512G1GUIDnoMBP:~ t512g1guid$ 

T512G1GUIDnoMBP:~ t512g1guid$ 

T512G1GUIDnoMBP:~ t512g1guid$ 

USBメモリのディスクの番号を控えておきます。ここでは「disk4」が該当のUSBメモリです。

誤って他のディスクを消去することがないよう注意しましょう。

次に、

ターミナルから以下のコマンドを実行します。

disk4」は該当の番号に置き換えてください。

これで、アンマウントされます。

$ diskutil unmountDisk /dev/disk4

$ diskutil unmountDisk /dev/disk4

Unmount of all volumes on disk4 was successful

T512G1GUIDnoMBP:~ t512g1guid$ 

T512G1GUIDnoMBP:~ t512g1guid$ 

 

 

続いて、ダウンロードしたISOファイルの場所に移動します。例えば、「ダウンロード」フォルダに移動したい場合は、以下のコマンドを実行します。

 

 

以下のコマンドを実行します。

$ cd ~/Downloads

T512G1GUIDnoMBP:Downloads t512g1guid$ 

T512G1GUIDnoMBP:Downloads t512g1guid$ 

T512G1GUIDnoMBP:Downloads t512g1guid$ 

最後に、USBメモリにUbuntuのインストールディスクの書き込みを行います。

最後に、USBメモリにUbuntuのインストールディスクの書き込みを行います。

ターミナルから以下のコマンドを実行します。

「ubuntu-16.04-desktop-amd64.iso」は実際にダウンロードしたファイル名、「/dev/rdisk1」は事前に控えたディスクの番号に読み替えてください。「/dev/disk1」でも良いのですが、「/dev/rdisk1」とすると書き込みが速くなります。

$ sudo dd if=ubuntu-16.04.2-desktop-amd64.iso of=/dev/rdisk4 bs=1m

 

T512G1GUIDnoMBP:Downloads t512g1guid$ 

T512G1GUIDnoMBP:Downloads t512g1guid$ 

T512G1GUIDnoMBP:Downloads t512g1guid$ 

T512G1GUIDnoMBP:Downloads t512g1guid$ sudo dd if=ubuntu-16.04.2-desktop-amd64.iso of=/dev/rdisk4 bs=1m

Password:

--------------------------------5分ぐらいここで止まります。

1482+1 records in

1482+1 records out

1554186240 bytes transferred in 133.169906 secs (11670702 bytes/sec)

T512G1GUIDnoMBP:Downloads t512g1guid$ 

T512G1GUIDnoMBP:Downloads t512g1guid$ 

 

 

USBメモリへの書き込み完了後に上記のような警告ダイアログが出る可能性がありますが、とりあえず無視しておきます。

 

では、Ubuntuのパーティションの作成です。。。

ディスクユーティリティを開き、「Macintosh HD」が含まれるディスクを選択します。

選択した状態で「パーティション」をクリックします。

Ubuntuのパーティションを作成します。

「パーティション」は任意、

「フォーマット」は「MS-DOS(FAT)」、

「サイズ」は任意です。

50GBもあれば十分でしょう。

 

では、ブートローダーの準備をしましょう。。。

次に、以下のリンク

http://www.rodsbooks.com/refind/getting.html

から「rEFInd」をダウンロードします。

A binary zip file」を選択してダウンロードしてください。

ダウンロードしたら、任意のフォルダに解凍しておいてください。

 

ダウンロードしたら、「アプリケーション」→「ユーティリティ」フォルダにある「ターミナル」を起動します。

cdコマンドで、ダウンロードした「rEFInd」フォルダに移動したら、フォルダに含まれる「install.sh」を実行します。

 

 

T512G1GUIDnoMBP:refind-bin-0.10.5 t512g1guid$ ls

COPYING.txt banners mountesp

CREDITS.txt docs mvrefind

LICENSE.txt fonts refind

NEWS.txt keys refind-install

README.txt mkrlconf refind-mkdefault

T512G1GUIDnoMBP:refind-bin-0.10.5 t512g1guid$ 

 

refind-install.sh をダブルクリックして実行しました。

Last login: Sun Mar 26 03:36:47 on ttys001

/Users/t512g1guid/Downloads/refind-bin-0.10.5/refind-install ; exit;

T512G1GUIDnoMBP:~ t512g1guid$ /Users/t512g1guid/Downloads/refind-bin-0.10.5/refind-install ; exit;

Not running as root; attempting to elevate privileges via sudo....

Password:

ShimSource is none

Installing rEFInd on OS X....

Installing rEFInd to the partition mounted at /Volumes/ESP

 

**** ALERT: SIP ENABLED! ****

 

rEFInd cannot be installed because System Integrity Protection (SIP) seems

to be enabled! You must install rEFInd from your Recovery installation or

from another OS. To install from the Recovery system:

 

  1. Reboot

  2. Hold down Command+R as the chime sounds

  3. When the OS has booted, select Utilities->Terminal

  4. Change to this directory with the 'cd' command; it will probably be under

     /Volumes/T512G1GUID/Users/t512g1guid

  5. Re-run this script.

 

If you believe SIP is NOT enabled, you may attempt an installation anyhow,

but it may fail.

 

For more on this subject, see http://www.rodsbooks.com/refind/sip.html

 

Do you want to attempt installation (Y/N)? Y

Copied rEFInd binary files

 

Copying sample configuration file as refind.conf; edit this file to configure

rEFInd.

 

Could not set boot device property: 0xe00002bc

 

ALERT:

Installation has completed, but problems were detected. Review the output for

error messages and take corrective measures as necessary. You may need to

re-run this script or install manually before rEFInd will work.

 

Unmounting install dir

Volume EFI on disk0s1 unmounted

logout

Saving session...

...copying shared history...

...saving history...truncating history files...

...completed.

Deleting expired sessions...none found.

 

[プロセスが完了しました]

 

 

なお、ここでは

Downloads」フォルダに解凍してあるものとします。

 

Downloads」フォルダに解凍してあるものとします。

http://ottan.xyz/os-x-ubuntu-dual-boot-2-1236/

さて、El Capitanからは「SIP」と呼ばれる新たなセキュリティ機構が導入され、

デフォルトの状態では「rEFInd」をインストールすることができません。

そこで、Macをリカバリーモードで起動する必要があります。

 

Macを再起動し、+Rを押し続けてください。Macがリカバリーモードで起動します。リカバリーモードで起動したら、以下の手順で「rEFInd」をインストールします。

  1. メニューの「ユーティリティ」→「ターミナル」をクリックします
  2. ターミナルから、「rEFInd」を解凍しているフォルダに移動します。以下のコマンドを参照。「ottan」、「Downloads」、「refind-0.10.2」は適宜読み替えてください
  3. ./refind-installを実行。「Installation has completed successfully.」と表示されればインストールは完了です
  4. Macを通常モードで再起動します
# cd /Volumes/Macintosh¥ HD/Users/ottan/Downloads/refind-0.10.2

通常では、「rEFInd」のインストールが完了した時点で、作業は完了なのですが、どうもEl Capitanの環境ではこのままではうまく動作しないようです。Ubuntuのインストール完了後に、Macを(option)を押したまま再起動し、Ubuntuの起動ディスクが見えないようでしたら、以下の手順を試してみてください。

 

https://wavisaviwasavi.amebaownd.com/posts/208897

を参考に。。「

 

 

こちらを参考に、少々小細工します。ターミナルを開いて、以下のコマンドを実行します。

 

$ diskutil list
/dev/disk0 (internal, physical):
   #:                       TYPE NAME                    SIZE       IDENTIFIER
   0:      GUID_partition_scheme                        *251.0 GB   disk0
   1:                        EFI EFI                     209.7 MB   disk0s1
   2:                  Apple_HFS Macintosh HD            250.1 GB   disk0s2
   3:                 Apple_Boot Recovery HD             650.0 MB   disk0s3

「EFI」の「IDENTIFIER」を控えておいてください。次に、ターミナルから以下のコマンドを実行します。

$ mkdir /Volumes/efi
$ sudo mount -t msdos /dev/disk0s1 /Volumes/efi

「/dev/disk0s1」は事前に確認した「EFI」の「IDENTIFIER」です。適宜読み替えてください。次に、Finderを開き、/Volumes/efiに移動します。具体的には、Finderで、++Gで、移動する場所に上記を指定してください。

その後の作業については上記リンクに書いてある通りです。

 

 

 

http://ottan.xyz/el-capitan-ubuntu-dual-boot-4020/ 続き

| whaison | Operating System | 17:10 | comments(0) | - | pookmark |