Beauty Salon α-BET (alphabet)

space001
Blender3d Collada dae modeling Use Papervision3d on Progression3 and 4 http://a-bet.secret.jp/#/access
more whaison works.
whaison space
space002
http://whaison.jugem.jp/ https://jp.pinterest.com/whaison/ https://www.instagram.com/whaison/ https://whaison.amebaownd.com/
https://suzuri.jp/whaison
http://whaison.blogspot.com/
http://whaison.tumblr.com/ http://qiita.com/users/whaison http://www.behance.net/whaison https://github.com/whaison/ https://bitbucket.org/whaison http://serato.com/user/whaison http://whaison.hatenablog.jp/

typo memo
http://d.hatena.ne.jp/whaison/


dayNote
http://www.myspace.com/whaison http://ameblo.jp/whaison/ http://blog.crooz.jp/whaison/ http://blog.crooz.jp/whaisoncafe/ http://nenpyo.org/whaison

fulldisk
http://full.shin-gen.jp/
http://whaison.client.jp/
http://www.dclog.jp/whaison/
featured forums.
space004
forum.unity3d.com/

forums.unrealengine.com.

Progression Forum.

FlashDevelop Forum.

Papervision3D Forum.

FlexUserGroup Forum.

SparkProjectForum.





Twitter







Mobile
qrcode
Calendar
SunMonTueWedThuFriSat
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< May 2018 >>
New Entries
Archives
Categories
Recent comment
  • FlashDevelopでフォント埋め込み
    感謝!! (12/24)
  • cocos2d-x-3.0rc0 ,c++ ,cpp でTexturePacker で 吐き出した、plist と png でパラパラアニメーションのコード例
    whaison (04/17)
  • Blender2.67にbvh(web上に2500個以上ころがってる)入れてそのBoneオブジェクトをUnity4.0のmecanimで使う
    whaison (08/19)
  • Apple Dev Center 「Certificates, Identifiers & Profiles」で Adhoc をつくってXCode4.6.1でArchiveしてipaを書き出し
    whaison (04/30)
  • Flash CS6でプロパティーパネルで物理演算のジャンプの高さを設定できるCitrus Engine
    whaison (03/01)
  • 「Flash以外、例えばKinectとか」ON TOKYO (会場:高田馬場4-11-8 Floor 6階 ) 短縮URL http://bit.ly/dI0Bfx
    uka (03/02)
  • App Store Review Guidelines アップル社のアプリ審査基準ガイドライン和訳 Apple が 開発者を悩ませ ユーザーをハッピーにしたいガイドライン。w
    whaison (01/25)
  • Unity3d では ADOBE JAPAN OSAKIで行われたFITC 2010 TOKYOでは、 「iOS用にパブリッシュするためには、フリー版ではなくて、有料版を買ってください。さらに追加のパッケージである、"iOS Package (for Development)"を買ってください」とのことだった。
    whaison (01/25)
  • enjoy Adidas-Futsal-Park
    whaison (01/16)
  • MacBookAir にFlashPlayer入れたらなった。Mac Flash Player 10.1/10.2でUstream などでカメラが認識されないバグそんなときはUstreamProducer!でもなくiPhoneだと直ぐにライブ配信できた
    whaison (01/14)
simple sintax high lighter2.0
space003
SyntaxHighlighter2.0用 の貼り付けコード作成する!
Profile
Links
Recommend
Admin
無料ブログ作成サービス JUGEM
Seach this site
            
2017.03.16 Thursday
Microsoft Visual Studio 2017の配布可能コード(ユーティリティ、拡張機能、およびBuildServerファイルを含む) https://www.visualstudio.com/en-us/productinfo/2017-redistribution-vs  の 日本語 翻訳

Microsoft Visual Studio 2017の配布可能コード(ユーティリティ、拡張機能、およびBuildServerファイルを含む)  

  https://www.visualstudio.com/en-us/productinfo/2017-redistribution-vs  の 日本語 翻訳

 

 

 

-------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

 

 

Microsoft Visual Studio 2017の配布可能コード(ユーティリティ、拡張機能、およびBuildServerファイルを含む)

最終更新日:3/14/2017

この記事では

このページで

注:以下のリストでは、

  • [arch]は、x86、x64、またはarmなどのプロセッサアーキテクチャ識別子を表します。
  • [locale]は、特定の言語、ロケール、またはカルチャ識別子を表します(例:ENU、en-us、または1033)。
  • [version]は、バージョン番号を使用するフォルダ名を表します。
  • [VisualStudioFolder]は、Visual Studio 2017のインストール先を表します。

Visual Studio 2017の配布可能なコードファイル

次のセクションは、Visual Studio Enterprise 2017、Visual Studio Professional 2017、Visual Studio Community 2017(以下「ソフトウェア」)のMicrosoftソフトウェア使用条件の「再頒布可能コード」セクションで参照されている「REDISTリスト」です。このようなソフトウェアの正式なライセンスを取得したコピーをお持ちの場合は、ソフトウェアの使用条件に従い、以下のファイルの無修正形式をコピーしてお客様のプログラムと共に配布することができます。

ASP.NETライブラリ

以下のソフトウェアコンポーネントは、http://www.microsoft.com/web/webpi/eula/aspnetcomponent_rtw_enu.htmにあるMicrosoft .NETライブラリの用語で個別にライセンスされ、サポートされてます。これらのソフトウェアコンポーネントの使用許諾条件に同意しない場合は、使用することはできません。

  • MVC
  • Web API
  • 剃刀を使ったWebページ
  • エンティティフレームワーク
  • SignalR
  • カタニア
  • Microsoft XMLドキュメント変換

Microsoft Azure

ソース

  • MobileServices.js
  • MobileServices.min.js

オブジェクトコード

  • Microsoft.WindowsAzure.Mobile.dll
  • Microsoft.WindowsAzure.Mobile.resources.dll
  • Microsoft.WindowsAzure.Mobile.UI.dll
  • Microsoft.WindowsAzure.Ext.dll

Visual Studio用のブレンドとXAMLデザイナー

Visual Studioのプロジェクトテンプレートとアイテムテンプレートのブレンド

ブレンドプロジェクトの再配布可能ファイルとVisual Studioのアイテムテンプレートは、次の場所にインストールされます。

  • [VisualStudioFolder] ¥ Common7 ¥ IDE ¥ ProjectTemplates
  • [VisualStudioFolder] ¥ Common7 ¥ IDE ¥ ItemTemplates
  • [VisualStudioFolder] ¥ DesignTools ¥ AppThemes
  • [プログラムファイル(x86)] ¥ MSBuild ¥ Microsoft ¥ Expression ¥ Blend.NETFramework

Visual Studio用のブレンド

Blend for Visual Studioの再配布可能ファイルは、次の場所にインストールされます。

  • [プログラムファイル(x86)] ¥ Microsoft SDKs ¥ Expression ¥ Blend.NETFramework ¥ v4.0
  • [プログラムファイル(x86)] ¥ Microsoft SDKs ¥ Expression ¥ Blend.NETFramework ¥ v4.5

サンプルデータリソース

  • [VisualStudioFolder] ¥ DesignTools ¥ SampleData

.NET Framework 4.6.2

ソフトウェアの使用条件に従うことを条件として、お客様は以下のファイルをお客様のプログラムと共に複製および頒布することができます。

オフラインインストーラ

  • dotNetFx-x86-x64-AllOS-ENU.exe(Visual Studioに存在する.NET Framework 4.6.2)
  • NDP462-KB3151800-x86-x64-AllOS-ENU.exe(Microsoftダウンロードセンターなどの他のチャネルに存在する.NET Framework 4.6.2)

注:どちらのファイルも同じですが、異なる流通チャネルに異なる名前を使用する場合があります。

言語パック

  • dotNetFx-x86-x64-AllOS- [locale] .exe
  • NDP462-KB3151800-x86-x64-AllOS- [locale] .exe

ノート:

  • どちらのファイルも同じですが、異なる流通チャネルに対して異なる名前を使用する場合があります。
  • [locale]は、特定の3文字の言語識別子を表します。たとえば、NDP462-KB3151800-x86-x64-AllOS-DEU.exe
    • アラビア語(ARA)、中国語(台湾)(CHT)、チェコ語(CSY)、デンマーク語(DAN)、ドイツ語(DEU)、ギリシャ語(ELL)、フィンランド語の言語パックは、 (FIN)、フランス(FRA)、ヘブライ(HEB)、ハンガリー(HUN)、イタリア(ITA)、日本(JPN)、韓国(KOR)、オランダ - オランダ(NLD)、ノルウェー(NOR)、ポーランド、ロシア(RUS)、スウェーデン(SVE)、トルコ語(TRK)、中国語(CHS)、ポルトガル語 - ポルトガル語(PTG)、スペイン語(ESN)

F#ランタイム

  • Fsharp.Core.dll

ADO.NET

ソフトウェアの使用条件に従うことを条件として、お客様は以下のファイルをお客様のプログラムと共に複製および頒布することができます。

  • System.Data.dll
  • System.Data.DatasetExtensions.dll
  • System.Data.OracleClient.dll
  • Adonetdiag.dll

DIA SDK

ソフトウェアの使用条件に従うことを条件として、お客様は以下のファイルをお客様のプログラムと共に複製および頒布することができます。

  • [VisualStudioFolder] ¥ DIA SDK ¥ bin ¥ msdia140.dll
  • [VisualStudioFolder] ¥ DIA SDK ¥ bin ¥ amd64 ¥ msdia140.dll
  • [VisualStudioFolder] ¥ DIA SDK ¥ bin ¥ arm ¥ msdia140.dll

Visual C ++ランタイムファイル

ソフトウェアの使用条件に従って、お客様は、プログラムのインストールパッケージの一部として、以下のファイルを複製および頒布することができます。

  • [Program Files(x86)] ¥ Common Files ¥ Merge Modules ¥
    • Microsoft_VC140_CRT ¥ [arch] .msm
    • Microsoft_VC140_CXXAMP ¥ [arch] .msm
    • Microsoft_VC140_MFC ¥ [arch] .msm
    • Microsoft_VC140_MFCLOC ¥ [arch] .msm
    • Microsoft_VC140_OpenMP ¥ [arch] .msm

本ソフトウェアの使用許諾条件に従うことにより、お客様は以下のフォルダおよびそのサブフォルダ内の任意のファイルを、下記の場合を除き、お客様のプログラムと共に複製および頒布することができます。これらのファイルは変更できません。

  • [VisualStudioFolder] ¥ VC ¥ redist
  • 以下のフォルダの内容を配布することはできません。
    • [VisualStudioFolder] VC ¥ Redist ¥ MSVC ¥ [version] ¥ debug_nonredist
    • [VisualStudioFolder] VC ¥ Redist ¥ MSVC ¥ [version] ¥ debug_nonredist
    • [VisualStudioFolder] ¥ VC ¥ Redist ¥ MSVC ¥ [バージョン] ¥ onecore ¥ debug_nonredist

ソフトウェアの使用条件に従って、以下のファイルをプログラムのアプリケーションローカルフォルダにコピーして配布するか、GAC(Global Assembly Cache)に展開することができます。

  • [VisualStudioFolder] ¥ VC ¥ Tools ¥ MSVC ¥ [バージョン] ¥ atlmfc ¥ lib ¥ [arch] ¥ mfcmifc80.dll

ユニバーサルWindowsアプリケーションとWindowsストアアプリケーション

ユニバーサルWindowsアプリケーションのサイドローディング次の場所に 含まれるAppXファイルは、サイドロードするユニバーサルWindowsアプリケーションで変更されずに配布されます。

  • [プログラムファイル(x86)] ¥ Microsoft SDKs ¥ Windowsキット¥ 10 ¥ ExtensionSDKs ¥ CppUnitTestFramework.Universal ¥ 15.0 ¥ Redist ¥ CommonConfiguration
  • [プログラムファイル(x86)] ¥ Microsoft SDKs ¥ Windowsキット¥ 10 ¥ ExtensionSDKs ¥ MSTestFramework.Universal ¥ 15.0 ¥ Redist ¥ CommonConfiguration
  • [プログラムファイル(x86)] ¥ Microsoft SDKs ¥ Windowsキット¥ 10 ¥ ExtensionSDKs ¥ TestPlatform.Universal ¥ 15.0 ¥ Redist ¥ CommonConfiguration
  • [プログラムファイル(x86)] ¥ Microsoft SDKs ¥ Windowsキット¥ 10 ¥ ExtensionSDKs ¥ Microsoft.VCLibs ¥ 14.0 ¥ Appx ¥ Retail ¥ [arch] ¥ Microsoft.VCLibs。[arch] .14.00.appx
  • [プログラムファイル(x86)] ¥ Microsoft SDKs ¥ Windowsキット¥ 10 ¥ ExtensionSDKs ¥ Microsoft.VCLibs.120 ¥ 14.0 ¥ Appx ¥ Retail ¥ [arch] ¥ Microsoft.VCLibs。[arch] .12.00.Universal.appx
  • [プログラムファイル(x86)] ¥ Microsoft SDKs ¥ Windowsキット¥ 10 ¥ ExtensionSDKs ¥ Microsoft.NET.Native.Framework.1.3 ¥ 1.3 ¥ [arch] ¥ ret ¥ Native ¥ Microsoft.NET.Native.Framework.1.3.appx
  • [プログラムファイル(x86)] ¥ Microsoft SDKs ¥ Windowsキット¥ 10 ¥ ExtensionSDKs ¥ Microsoft.NET.Native.Runtime.1.4 ¥ 1.4 ¥ AppX ¥ [arch] ¥ Microsoft.NET.Native.Runtime.1.4.appx

SQL Serverデータベースツールファイル

ソフトウェアの使用条件に従い、あなたはプログラムとこのフォルダ内の.dllファイルと.exeファイル(未修正)をコピーして配布することができます。

  • [VisualStudioFolder] Common7 ¥ IDE ¥ Extensions ¥ Microsoft ¥ SQLDB ¥ DAC ¥ 120
  • [VisualStudioFolder] Common7 ¥ IDE ¥ Extensions ¥ Microsoft ¥ SQLDB ¥ DAC ¥ 130

SQL Server再頒布可能コンポーネント

ソフトウェアの使用条件に従うことを条件として、お客様は以下のファイルをお客様のプログラムと共に複製および頒布することができます。

  • SqlCmdLnUtils.msi
  • sqlncli.msi
  • SSCERuntime_x64-jpn.exe
  • SSCERuntime_x86-enu.exe
  • sqllocaldb.msi
  • SharedManagementObjects.msi
  • SqlDom.msi
  • SQLSysClrTypes.msi
  • TSqlLanguageService.msi

Microsoft WCF Data Servicesファイル

ソフトウェアの使用条件に従うことを条件として、お客様は以下のファイルをお客様のプログラムと共に複製および頒布することができます。

  • Microsoft.Data.Services.dll
  • Microsoft.Data.Services.Client.dll
  • Microsoft.Data.OData.dll
  • Microsoft.Data.Edm.dll
  • System.Spatial.dll

Office用Microsoft Visual Studioツール

ソフトウェアの使用条件に従うことを条件として、お客様は以下のファイルをお客様のプログラムと共に複製および頒布することができます。

  • Microsoft.Office.Tools.Common.v4.0.Utilities.dll
  • setup.exe(Officeアドインのインストールに使用されるブートストラップ)

同時実行ビジュアライザソフトウェア開発キットの配布可能なコードファイル

ソフトウェアの使用条件に従うことを条件として、お客様は以下のファイルをお客様のプログラムと共に複製および頒布することができます。

  • Microsoft.ConcurrencyVisualizer.Markers.dll(.NET 3.5用)
  • Microsoft.ConcurrencyVisualizer.Markers.dll(.NET 4.0用)
  • cvmarkers.h
  • cvmarkersobj.h

Visual Studio拡張開発のための配布可能なコードファイル

これは、Visual Studio 2017のマイクロソフトソフトウェアライセンス条項(以下「ソフトウェア」)の「再頒布可能コード」セクションで参照されている「REDIST一覧」です。ソフトウェアの正当なライセンスを取得したコピーをお持ちの場合、ソフトウェアの使用条件に従い、以下に記載されているファイルの修正されていないオブジェクトコード形式を複製および頒布することができます。

  • [VisualStudioFolder] ¥ VSSDK ¥ VisualStudioIntegration ¥ Redistributables ¥ VS150_piaredist.exe
  • [VisualStudioFolder] ¥ VSSDK ¥ VisualStudioIntegration ¥ Redistributables ¥ VSSDKTestHost.exe

Visual Studio 2017のユーティリティ一覧

これは、特定のエディションのVisual Studio 2017(以下「ソフトウェア」)に対するマイクロソフトソフトウェアライセンス条項の「ユーティリティ」セクションで参照される「ユーティリティリスト」です。ソフトウェアの特定のエディションによっては、受信したソフトウェアにこのリストのすべてのファイルが含まれているとは限りません。以下のファイルに関するあなたの権利を確認するには、ソフトウェアのエディションに付属のVisual Studioの使用条件を参照してください。これらのファイルは変更できません。

Visual Studio 2017用IntelliTraceスタンドアロンコレクタ

Visual C ++ユーティリティ

"Utilities List"には、指定したディレクトリのサブフォルダ内に以下のファイルが含まれています。

  • [VisualStudioFolder] ¥ VC ¥ Auxiliary ¥ VS ¥ redist ¥ GraphicsDbgRedist ¥
    • vsGraphicsHelper.dll
    • VsGraphicsResources.dll
  • [VisualStudioFolder] ¥ VC ¥ Redist ¥ MSVC ¥ [バージョン] ¥ debug_nonredist ¥
    • concr140d.dll
    • mfc140ud.dll
    • mfcm140ud.dll
    • msvcp140d.dll
    • vcamp140d.dll
    • vccorlib140d.dll
    • vcomp140d.dll
    • vcruntime140d.dll
  • [VisualStudioFolder] ¥ VC ¥ Tools ¥ MSVC ¥ [バージョン] ¥ bin ¥
    • pgort140.dll
    • pgort140ui.dll
    • pgosweep.exe

Visual Studio 2017のビルドサーバーファイルの一覧

これは、特定のエディションのVisual Studio 2017(以下「ソフトウェア」)に対するマイクロソフトソフトウェアライセンス条項の「ビルドサーバー」セクションで参照される「ビルドサーバーリスト」です。以下のファイルに関するお客様の権利を判断するには、ソフトウェアのエディションに付属の使用条件を参照してください。

Visual Studio用のSharePointツール

[VisualStudioFolder] ¥ MSBuild ¥ Microsoft ¥ VisualStudio ¥ v15.0 ¥ SharePointTools ¥

  • Microsoft.VisualStudio.SharePoint.targets
  • Microsoft.VisualStudio.SharePoint.Tasks.dll

[VisualStudioFolder] ¥ Common7 ¥ IDE ¥

  • PrivateAssemblies ¥ Microsoft.VisualStudio.SharePoint.Designers.Models.dll
  • PrivateAssemblies ¥ Microsoft.VisualStudio.SharePoint.Designers.Models.Features.dll
  • PrivateAssemblies ¥ Microsoft.VisualStudio.SharePoint.Designers.Models.Packages.dll
  • PublicAssemblies ¥ Microsoft.VisualStudio.SharePoint.dll

Visual C ++ビルドサーバーファイル

次のフォルダー内のファイルとそのサブフォルダー。

  • プログラムFiles ¥ Common Files ¥ Mergeモジュール
  • [VisualStudioFolder] ¥ VC ¥
  • [VisualStudioFolder] ¥ Common7 ¥ IDE ¥ VC ¥ VCTargets
  • [VisualStudioFolder] ¥ Common7 ¥ Tools ¥ vsdevcmd
  • [プログラムファイル(x86)] ¥ Microsoft Visual Studio ¥ Shared ¥ 14.0 ¥ VC
  • [プログラムファイル(x86)] ¥ MSBuild ¥ Microsoft.Cpp ¥ v4.0 ¥ V140 ¥

個々のファイル

  • [VisualStudioFolder] ¥ Common7 ¥ IDE ¥ msobj120.dll
  • [VisualStudioFolder] ¥ Common7 ¥ IDE ¥ msobj140.dll
  • [VisualStudioFolder] ¥ Common7 ¥ IDE ¥ msvcdis120.dll
  • [VisualStudioFolder] ¥ Common7 ¥ IDE ¥ msvcdis140.dll
  • [VisualStudioFolder] ¥ Common7 ¥ Tools ¥ makehm.exe
  • [VisualStudioFolder] ¥ Common7 ¥ Tools ¥ VsDevCmd.bat

Visual Studio 2017用のアプリケーションインサイトの配布可能なコードファイル

ソフトウェアの使用条件に従って、Visual Studio 2017でビルドされたプログラムを使用して、以下のファイルを無修正でコピーして配布することができます。

  • Microsoft.ApplicationInsights.2.0.0.nupkg
  • Microsoft.ApplicationInsights.Agent.Intercept.1.2.1.nupkg
  • Microsoft.ApplicationInsights.AspNet.1.0.0-rc1-update4.nupkg
  • Microsoft.ApplicationInsights.AspNetCore.1.0.0-rc2-final.nupkg
  • Microsoft.ApplicationInsights.DependencyCollector.2.0.0.nupkg
  • Microsoft.ApplicationInsights.JavaScript.0.22.9-build00167.nupkg
  • Microsoft.ApplicationInsights.PerfCounterCollector.2.0.0.nupkg
  • Microsoft.ApplicationInsights.Web.2.0.0.nupkg
  • Microsoft.ApplicationInsights.WindowsServer.2.0.0.nupkg
  • Microsoft.ApplicationInsights.WindowsServer.TelemetryChannel.2.0.0.nupkg
  • Microsoft.Bcl.Async.1.0.168.nupkg
  • Microsoft.Diagnostics.Tracing.EventSource.Redist.1.1.24.nupkg

ページの先頭

 

 

------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

 

-----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

| whaison | Microsoft Visual Studio | 12:35 | comments(0) | - | pookmark |