Beauty Salon α-BET (alphabet)

space001
Blender3d Collada dae modeling Use Papervision3d on Progression3 and 4 http://a-bet.secret.jp/#/access
more whaison works.
whaison space
space002
http://whaison.jugem.jp/ https://jp.pinterest.com/whaison/ https://www.instagram.com/whaison/ https://whaison.amebaownd.com/
https://suzuri.jp/whaison
http://whaison.blogspot.com/
http://whaison.tumblr.com/ http://qiita.com/users/whaison http://www.behance.net/whaison https://github.com/whaison/ https://bitbucket.org/whaison http://serato.com/user/whaison http://whaison.hatenablog.jp/

typo memo
http://d.hatena.ne.jp/whaison/


dayNote
http://www.myspace.com/whaison http://ameblo.jp/whaison/ http://blog.crooz.jp/whaison/ http://blog.crooz.jp/whaisoncafe/ http://nenpyo.org/whaison

fulldisk
http://full.shin-gen.jp/
http://whaison.client.jp/
http://www.dclog.jp/whaison/
featured forums.
space004
forum.unity3d.com/

forums.unrealengine.com.

Progression Forum.

FlashDevelop Forum.

Papervision3D Forum.

FlexUserGroup Forum.

SparkProjectForum.





Twitter







Mobile
qrcode
Calendar
SunMonTueWedThuFriSat
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< December 2019 >>
New Entries
Archives
Categories
Recent comment
  • FlashDevelopでフォント埋め込み
    感謝!! (12/24)
  • cocos2d-x-3.0rc0 ,c++ ,cpp でTexturePacker で 吐き出した、plist と png でパラパラアニメーションのコード例
    whaison (04/17)
  • Blender2.67にbvh(web上に2500個以上ころがってる)入れてそのBoneオブジェクトをUnity4.0のmecanimで使う
    whaison (08/19)
  • Apple Dev Center 「Certificates, Identifiers & Profiles」で Adhoc をつくってXCode4.6.1でArchiveしてipaを書き出し
    whaison (04/30)
  • Flash CS6でプロパティーパネルで物理演算のジャンプの高さを設定できるCitrus Engine
    whaison (03/01)
  • 「Flash以外、例えばKinectとか」ON TOKYO (会場:高田馬場4-11-8 Floor 6階 ) 短縮URL http://bit.ly/dI0Bfx
    uka (03/02)
  • App Store Review Guidelines アップル社のアプリ審査基準ガイドライン和訳 Apple が 開発者を悩ませ ユーザーをハッピーにしたいガイドライン。w
    whaison (01/25)
  • Unity3d では ADOBE JAPAN OSAKIで行われたFITC 2010 TOKYOでは、 「iOS用にパブリッシュするためには、フリー版ではなくて、有料版を買ってください。さらに追加のパッケージである、"iOS Package (for Development)"を買ってください」とのことだった。
    whaison (01/25)
  • enjoy Adidas-Futsal-Park
    whaison (01/16)
  • MacBookAir にFlashPlayer入れたらなった。Mac Flash Player 10.1/10.2でUstream などでカメラが認識されないバグそんなときはUstreamProducer!でもなくiPhoneだと直ぐにライブ配信できた
    whaison (01/14)
simple sintax high lighter2.0
space003
SyntaxHighlighter2.0用 の貼り付けコード作成する!
ブログパーツ-BLOG PARTS.
Profile
Links
Recommend
Admin
無料ブログ作成サービス JUGEM
Seach this site
            
2009.10.13 Tuesday
a valid signing identity matching this profile could not be found in your keychain(解決してる人2)
  09/06/21 sun. iPhone実機動作問題 iPhone SDK関係。
OSを更新したら

a valid signing identity matching this profile could not be found in your keychain

っていうエラーがXCodeに出るようになりました。現象としては、iPhoneの実機でテストが出来なくなってしまった。明け方まで格闘して、すごい単純な解決に至ったので忘れないようにここにメモ。

まず何よりも、エラーメッセージの意味についてよく理解していなかったのが長引いた原因でした。つまり、キーチェーンに証明書と対応するやつが無いんだけど??ということでした。
解決法は簡単。プロファイルに対応するキーの場所が間違っていたという、それだけでした。公開鍵、秘密鍵の両方が、デフォルトである「ログイン」に置いてあったので、それを、Provisioning Profileのおいてある「システム」に移動する。そうしたらあっさり解決しました。
ほんとに、一時は泣きそうな感じでしたけど…。解決してよかったです…。



ログインにあるキーチェーンをシステムに移動する。

http://74.125.153.132/search?q=cache:eBvF3i1rGT4J:slz.web.infoseek.co.jp/diary/0906.html+A+vaild+signing+identify+matching+this+profile+could+not+be+found+in+your+keychain&cd=8&hl=ja&ct=clnk&gl=jp&lr=lang_ja&client=firefox-a
| whaison | iphone | 13:46 | comments(0) | - | pookmark |
            
2009.10.13 Tuesday
How To Creating your App ID を 翻訳してみた。
 http://developer.apple.com/iphone/manage/bundles/howto.action
を翻訳してみた
「App IDがiphoneOSがつかうユニークな識別子である」としてーあなたのアプリケーションがアップルのPush Notificationサービスに接続して、キーとなるデータを共有して、あなたがアイフォンOSアプリケーションを対にしたい外部ハードウェア付属品とコミュニケートするのを許容します。

アイフォンのOSベースのデバイスにあなたのアプリケーションをインストールするために、あなたは、App IDを作成する必要があります。

それぞれのApp IDはアップルによって生成された
ユニークな10キャラクタ「バンドルSeed ID」接頭語とProgram PortalのTeam Adminによって入れられる「バンドル識別子」接尾語から成ります。

例「6GP9WL9V4Q.バンドル識別子

 推奨とされる作業はApp IDの「バンドル識別子」部分に逆ドメイン名スタイルストリングを使用することになっています。 例のApp IDは以下の通りでしょう。

8E549T7128.com.apple.AddressBook。

同じKeychainアクセス(例えば、アプリケーションの間のパスワードを共有する)を共有するか、またはKeychain Access要件を全く持っていないひとそろいのアプリケーションを作成しているなら、

あなたはワイルドカードキャラクタとしてアスタリスクを利用する全体のアプリケーションスイートにただ一つのApp IDを作成できます。

ワイルドカードキャラクタはApp IDストリングで最後のキャラクタであるに違いありません。 この状況のための例のApp IDは以下の通りであるかもしれません。

R2T24EVAEE.com.domainname*

R2T24EVAEE*


これらのワイルドカード状況で、あなたは単にアスタリスクをXcodeのCF Bundle Identifier分野で願っているどんなストリングにも取り替えられるでしょう。


| whaison | iphone | 12:22 | comments(0) | - | pookmark |
            
2009.10.13 Tuesday
A vaild signing identify matching this profile could not be found in your keychain(解決してる人)
http://d.hatena.ne.jp/kurusaki/20090617/1245227008

 Renewしたあとに>ダウンロードしたファイルを使うとエラーが出なくなり使えるようなりました。


だって今すぐちぇっくだあ。

Renewになってない。
| whaison | iphone | 12:03 | comments(0) | - | pookmark |
            
2009.10.13 Tuesday
A vaild signing identify matching this profile could not be found in your keychainがどうやっても消えない件
It_lives_vainlyの日記さんが 参考になりそうなのでメモ

 http://d.hatena.ne.jp/It_lives_vainly/20090204/1233741543

プロビジョニングファイルには、
・App ID     (projectName)
・開発者ID     (Noboru Ootsuka)とかあ
・デバイスID (iphone ID)
が埋め込まれており、不正な経路でのアプリケーションのインストールを防止する役割を持つ.

プロビジョニングファイルは、iPhone/iPod touch等の端末にインストールして用いる.

App ID の銘々

好きにやって良い.

けれども、アプリケーション毎に App ID を作成するのが面倒なら、ワイルドカードを用いることができる.

"jp.co.it_lives_vainly.*"

のように、 App ID を設定しておくと、"jp.co.it_lives_vainly.MyShooting" でも、"jp.co.it_lives_vainly.MyPazzle"でも同じプロビジョニングファイルを利用することができる.

また、App IDの登録時に、IDCが自分で登録した文字列の先頭に、10文字の識別文字を付加する.

すなわち、最終的な App IDは"##########.jp.co.it_lives_vainly.MyShooting" のようになる.

(# には、 IDC が付加した文字列が入る)


App ID の設定と、アプリケーションのインストール

プロビジョニングファイルと、アプリケーション側の Bundle Identifire の設定を適切に行わないと、アプリケーションのインストールが行えない.

アプリケーション側の設定で気をつけるべき点は

1,プロジェクトのプロパティにある"コード署名ID(CODE_SIGN_IDENTITY)"で適切なプロビジョニングファイルが選択されているか
2,info.plist の "Bundle Identifire" に、App ID で指定した文字列が記述されているか
の二点になる.

info.plist に記述する "Bundle Identifire" には、利用するプロビジョニングファイルに書き込まれている App ID と対応している必要がある.

また、このとき IDC が付加した 10文字の識別文字は必要ない.

すなわち、Bundle Identifire には、"jp.co.it_lives_vainly.MyShooting" のように設定する.

プロダクト名を示すマクロ変数 ${PRODUCT_NAME:identifier} を利用して記述する場合、

"jp.co.it_lives_vainly.${PRODUCT_NAME:identifier}"

こんなかんじに書けばよい.

ちなみに、info.plist のデフォルトでは、 "com.yourcompany.${PRODUCT_NAME:identifier}" のように書かれている.

------------------------なんとなく、App ID を作成するときに---------------

App ID Name    MyShooting
App ID    *
のように記述するとインストールできるけど、いざ App ID にドメインの指定を行おうと思うと動かないなんて人は、要チェック.

(...俺か)

また、App ID 登録時に、デフォルトが "jp.co.it_livs_vainly" といった感じなっているのが、陥りやすい罠.
------------------------------------------------------------------------------------
アプリが転送できない人の大半はここではまっていると思われる.





また
iPhone 構成ユーティリティ 2.1 (Mac)
なるものを紹介してる。

| whaison | iphone | 11:55 | comments(0) | - | pookmark |
            
2009.10.09 Friday
シェフの気まぐれアプリ はやく気まぐれで作れるようになりたい迷子中羊w。。。
えー迷子の羊です
photo.jpg
コールセンターに質問メルしてから会社でればよかった。

緑のヴェルディとかかれたユニフォームを着たお子様を
3階インフォメーションセンターでお預かりさせていただいております。
 
シェフの気まぐれアプリ
MAC初心者がiPhoneアプリを作ろうと意気込んでいるブログ。
http://think-now.jugem.jp/?eid=8

あしたは 料理人を参考にしよう
うん そうしよう。


だってもろこれ 「ログイン」(デフォルト)選択でOKしてたし。

※01ここで「ログイン」などを選択してしまうと
  ビルド時に「0xE800003A」とかいうエラーが出てしまう。

※02最後を*としないと
  ビルド時に「0xE80003A」というエラーコードのエラーが出てしまう。

この二つがやばい重要そうだね そだね。
うん、でてるのエラー困ってるの助けてほしいの。お金はらってるのにできないのそなの


----------------------以下http://think-now.jugem.jp/?eid=8より転載----------------
サンプルを実機でデバックする手順

‐斂製颪鮑鄒する。

 まず作業をローカルPCに戻って「キーチェーンアクセス」を起動する。

 メニューから

「キーチェーンアクセス」→「証明書アシスタント」→「認証局に証明を要求」を選択。

 ”ユーザーのメールアドレス”はAppleIDが登録されているメールアドレスを入力する。

 ”コモンネーム”はAppleIDに登録されている名前を入力する。

   (※英語で入力する。IphoneDevelopCenterのトップ画面に表示されている名前

 ”CAのメールアドレス”は空欄で良い。


 そして”続ける”を押下後、保存場所を選択して、

 鍵のサイズは”2048"、アルゴリズムはRSAと選択する。  ---OK


IDPへログインし、,悩鄒した証明書を登録する。

 IDPトップページの左側にある”Certificate"を選択する。

 ”Development"タブを押下し、右上にある"Add Certificate"を選択する。

 ここで,妊蹇璽ルで作成した証明書を選択する。そして、右下の”Submit"ボタンを押下する。

 その後、1分〜5分経過後、ブラウザをリロードするとダウンロードボタンが表示されているので、これで証明書をダウンロードする。

 また、「WWDR Intermediate Certificate」というリンク部分を右クリックして、この証明書もダウンロードしておく。




証明書をシステムへ登録する。

 手順△納萋世靴2つの証明書をそれぞれダブルクリックする事によって

 システムへ登録する。

 項目は以下のとおりにしておく。


 ※01ここで「ログイン」などを選択してしまうと
  ビルド時に「0xE800003A」とかいうエラーが出てしまう。


AppIDの登録

 よくわからんが、AppIDなるものを登録する必要がある。

 ここがくせ者でした。

 IDPトップページの左側にある"App IDs"を選択する。

 "Manage"タブを押下し、右上にある”Add ID"を選択する。

 ここで入力する”Name"は適当でよい。

 そして”ID"が問題で、IDに入力する文字列の最後が

 「*(アスタリスク)で終わらなければいけないらしい」

 なので単純に1文字「*」と入力しておけばよいだろう。

 ※02最後を*としないと
  ビルド時に「0xE80003A」というエラーコードのエラーが出てしまう。


 別のエラーでてるよーシェフ気まぐれで 迷子の羊拾ってくれないかな。

 とりま無視してビルドまでいくかあ



Provisioning Profileの登録

 IDCトップページの左側にある"Provisioning"を選択する。

 "Manage"タブを押下し、右上にある”Add profile"を選択する。ここで以下の情報を入力。

 "Profile Name" これは適当で良い。

 ”Certificate" 自分のAppleIDの名前が表示されているはずなので、チェックをしておく。

 ”App ID" 手順い悩鄒したIDを選択する。

 ”Device" 手順で登録した実機を選択する。

 上記の項目を全て入力後、”Submit"ボタンを押下する。

 1分〜5分くらい経過後、ブラウザをリロードするとダウンロードボタンが表示されているので、Profileをダウンロードする。

provisioning profile


XCodeでProvisioning Profileの設定

 MACにiPhoneを接続し、XCodeを起動後、メニューから「ウィンドウ」→「オーガナイザ」を選択する。

 ここでProvisioningの項目の「+」を押下してイ納萋世靴Provisionig Profileを選択する。

provisioning


Д魁璽表靆IDの設定

 何か適当なプロジェクトを開く。

 メニューから「プロジェクト」→「プロジェクト設定を編集」を選択。

 「Code Signing」の「コード署名ID」の「Any iPhone OS Device」の値を設定する。

 この値は、今までの設定が正しく出来ていれば、クリックする事でプルダウンで選択可能となっている。



┷埜紊縫咼襯匹靴銅孫

 デバッグする対象がDeviceになっている事を確認して、「ビルドして進行」を行う。

 これで今までの設定が正しければ、うまくいくはずです。


 おつかれでした。



 

----------------------http://think-now.jugem.jp/?eid=8より転載----------------


| whaison | iphone | 14:25 | comments(0) | - | pookmark |
            
2009.10.09 Friday
×Code Sign error: The identity 'iPhone Developer:whaison' doesn't match any vaild certificate /private key pair in the default keychain

Xcode で 
ビルドして実行をすると
このようなキーチェーンに関するエラーがでます

---------------------------------------XCODE ビルドエラ---------------------------------------
コードSign誤り: 'アイフォンDeveloper: whaison'がそうしないアイデンティティはデフォルトキーホルダーでどんなvaild証明書/秘密鍵組にも合っています。

×Code Sign error: The identity 'iPhone Developer:whaison' doesn't match any vaild certificate /private key pair in the default keychain
---------------------------------------XCODE ビルドエラ---------------------------------------
どうしたらいいんだろうまた 問い合わせよう。

といあわせたらーこんなのをいただきましたありがとうございます。パパ
--------------------------------回答------------------------------
0.
お使いの Mac でシステム言語設定が日本語になっている場合には、英語
(English) に変更してください。--OK



その上で、以下をご参照の上で再作成を
行ってください。なお、App ID はシステムの仕様上削除する事は出来ません。
必要に応じて、新しい ID を追加作成していただけますようお願い申し上げま
す。
1. Development Certificate および Distribution Provisioning Profile
    破棄する。--OK


2. お使いのMac上で
    ~/Library/MobileDevice/Provisions および
    ~/Library/MobileDevice/Provisioning Profiles から、登録済みの
    Distribution Provisioning Profile を削除する。-----OK


3. Xcode を終了して、
   新規に
    001 Development Certificate
    002 WWDR Intermediate Certificate
    003 Distribution Provisioning Profile
    ダウンロードおよびインストールする。

001 Development Certificate、
キーチェーンを認証局に証明書を要求。。。



でメールアドレスいれてー
3-1. 証明書を作成する際には、入力するEメールアドレスおよび
  Common Name 欄へ入力する氏名の情報が、iPhone Developer として
  登録した際の情報と一致している事を確認してください。
ここで コモンネームってとこに
あー名前いれてなかったーそうねー名前入れます。

鍵が保存されー はれてCurrent Development Certificatesにアップロード
紺色の[Approve]クリックして
Development Certificate、ができたあん
それすると認証完了メールが来たー。

002 WWDR Intermediate Certificate

でその画面の

*If you do not have the ”WWDR intermediate certificate” installed,
click here to download now.
* ”WWDR intermediate certificate”をインストールしてない場合、
ここをクリックダウンロードされます今をクリック。
落ちてきたAppleWWDRCA.cerをダブルクリッこして
承認する

003 Distribution Provisioning Profile

3-2. Development Provisioning Profile を作成する際には、開発で使用する
  すべてのデバイスの UDID が Program Portal 上に登録されている事、
  そして Provisioning Profile 上で選択されている事を確認してください。-OK



4. Provisioning Profile をダウンロードした後、ファイルを Xcode の
    オーガナイザへドラッグして iPhone/iPod touch にインストールする。

この黄色いのがまづいのかなあ


5. デバイス上の Settings -> General -> Profiles で、Certificate が
    インストールされている事を確認する。--OK


 6. キーチェーンアクセスにおいて、iPhone Development Certificate に
    対応する

秘密鍵および
公開鍵の両方が、
鍵のカテゴリ(分類)に登録されて
    いる事を確認する。--OK


7. Xcodeでプロジェクトを再起動後、プロジェクトを最上段にハイライトする。
    上部のメニューバーで [情報] アイコンを選択して、'ビルド' において
    'Debug' 設定が選択されている事を確認する。

8. 'Code Signing Identity’ -> ’Any iPhone OS’ の入力欄に
    "iPhone Developer: YourFirstname YourLastName" の形式で入力して
    (Development Certificate 上の Common Name と一致している事)、


 
    ‘Code Signing Provisioning Profile’ において、自分が作成した
    Development Provisioning Profile を選択する。

とりま聞く前に
GOOGLE先生に聞いてみると

----すごくそれらしきエントリーを発見したけどiPhoneアプリを初めて実機で動かす際のTips--http://blog.s21g.com/articles/1104
 なんかわかんない。

9. プロジェクトウインドウで、‘Device - iPhone OS 3.0 (Project Setting)’ の
 ドロップダウンメニューから ‘Device | Debug’ を選択して、'アクティブな構成'
    で 'Debug' が設定されている事を確認する。


 

10. 'ビルドして進行' をクリックして、デバイスにアプリケーションをインス
トールする。

はい変わらずエラー  もう やんなった=お酒飲みはじめました。


iPhone SDK 3.0 GM Seed (Leopard)にしたらXcodeのCode Signing Identityがおかしくなった+解決

こういう感じのメッセージが出ます(グレーで見にくいですが): Picture 9.png
profile doesn't match any valid certificate/private key pair in the default keychain

わーいすごいs21g :: satoko's blog


なんかすばらしいので全文引用

Keychain AccessでDefaultのkeychainを確認

Xcodeが検索するkeychainが、iPhone Developerの証明書が入っているkeychainと違っていることが原因が多いらしい(下記リンク)。
なのでKeychain Accessでデフォルトのkeychainを login(iPhone Developerの証明書が入っているkeychain)にする (私の場合は正しくなってました)

  1. http://stackoverflow.com/questions/400894/xcode-iphone-app-codesign-error
  2. http://www .iphonedevsdk.com/forum/iphone-sdk-development-iphone-os-3-0/17999-profile-doesn-t-match-application-identifier.html
その他試した事
  1. iPhone Developer証明書を再発行
  2. 新しいAppIDを用意
  3. 新しいprovistioningを用意
  4. これ全部やってもだめだった...

    iPhone SDK 3.0 GM SeedのXcodeを再インストール

    次の日Xcodeを削除して、SDKを再度ダウンロード、インストールしてみました。→ まだ、同じメッセージがでます。
    で、やったこと:

    1. 再度iPhone Developer証明書を再発行して、Keychain Accessに
    2. 使えなくなったprovisioningをModifiedで再度自分と動作確認に使うiPhoneを選択
    3. Xcodeと3.0 GM SeedのiPhoneにprovisioningをインストール

    正しく動作するようになった!! Yay!

    まぢか


    ってことで


    --------------------------------------------------------------------------------

    dk, だるい人の日記。 iPhone Developer Program

    http://blog.clovernotes.net/dk/?p=124

    16.4. プロビジョニングプロファイルリストに登録した内容が表示されるのでしばらく待ってリロードすれば Status が Pending から Active になる。

    16.5. Active になったプロビジョニングプロファイルをダウンロード。

    まぢか



    なお、Program Portal のご利用に際して、日本語による説明を必要とされる場
    合には、
    以下のページをご参照ください。

    【iPhone開発ガイド - デバイスの管理】
    http://developer.apple.com/jp/iphone/library/documentation/Xcode/Conceptual/iphone_development/128-Managing_Devices/devices.html#//apple_ref/doc/uid/TP40007959-CH4-SW2

    上記のページは公開時期が古いため、一部の記述は現在の Program Portal に
    対応しておりません。予めご了承いただけますようお願い申し上げます。



    本件について更なる情報を必要とされる場合には、デベロッパフォーラムをご参

    いただくか、デベロッパテクニカルサポート部署へお問い合わせください。な
    お、
    デベロッパテクニカルサポートへメールを送信される際には、件名や本文中に
    本件のフォローアップ番号(Follow-up:  *********)は含めないようにお願い
    申し
    上げます。

    デベロッパフォオーラム
    https://devforums.apple.com/

    デベロッパテクニカルサポート連絡先 ※英語でのご対応となります。
    dts@apple.com

    どうぞ、よろしくお願いいたします。
    だって。
    ながいなあ がんばるか。なんかねえ飽きてきたの



| whaison | iphone | 11:32 | comments(0) | - | pookmark |
            
2009.10.09 Friday
iPhone開発ガイド: デバイスの管理 の自分的理解。。
この読みにくいページも転載して読みやすくしよう

Apple Developer Connection
★★★iPhoneデバイスの管理★★★

iPhone Simulatorを利用すると、iPhone OSベースのデバイスを使用せずに、iPhoneアプリケーションの開発を始めることができます。このようにして、アプリケーション開発に使用される APIと開発ワークフローに慣れることができます。ただし、アプリケーションを公開する前に実際のデバイス上でアプリケーションをテストして、アプリケー ションが確実に意図した通りに動作するようにし、実際のハードウェア上でパフォーマンスを調整する必要があります。


01.Apple Developer Connection (ADC)のメンバであれば、iPhone Dev Centerにログインできます。ここでは、iPhoneデベロッパ向けのドキュメントにアクセスしたり、iPhone Simulatorで動作するiPhoneアプリケーションをビルドできます(ADCのメンバになるには、http://connect.apple.comにアクセスしてください)。ただし、ADCのメンバシップでは、iPhone OSベースのデバイスでアプリケーションを実行することはできません。それには、iPhoneデベロッパプログラムのメンバになる必要があります。


02.iPhoneデベロッパプログラムは、開発デバイス上でアプリケーションを実行したり、iPhone OSユーザにアプリケーションを配布したりするために必要なツールとリソースを提供しています。iPhoneデベロッパプログラムのメンバになるには、http://developer.apple.com/jp/iphone/programにアクセスしてください。

iPhoneデベロッパプログラムのメンバになると、iPhone Dev Centerのプログラムのポータルにアクセスできます。プログラムのポータル(Program Portal)は、iPhoneアプリケーションをテストするためのデバイスを構成できる、iPhone Dev Centerのアクセス制限領域です。


こ の章では、iPhoneデベロッパプログラムに開発デバイスを追加する方法と、開発用にコンピュータを構成する方法を示します。Xcodeの「オーガナイ ザ(Organizer)」ウインドウを使用して、アプリケーションのコンソールログやクラッシュ情報を表示する方法や、アプリケーションの実行中にスク リーンショットをキャプチャする方法も示します。また、開発中のアプリケーションをデバイスにインストールするために必要なデジタルIDを保護する方法に ついても説明します。


03.このセクションの内容:

開発のためのデバイスの準備
システムソフトウェアの復元
デバイス上でのアプリケーションの実行
コンソールログとクラッシュログの表示
スクリーンショットのキャプチャ
デジタルIDの管理


Apple Developer Connection
★★★開発のためのiPhoneデバイスの準備★★★

デバイス上でアプリケーションをテストするには、コンピュータとデバイスをiPhone OS開発用に設定する必要があります。この章では、そのプロセスの概要を示します。詳細については、以降のセクションで説明します。

開発用にデバイスを準備する際には、次のデジタル資産を作成または取得します。

  • 証明書署名要求(Certificate Signing Request)。CSR(証 明書署名要求:Certificate Signing Request)には、開発用証明書(Development/Developer Certificate)を生成するために使用される個人情報が含まれています。iPhoneデベロッパプログラムのポータルにこの要求を提出します。

    プログラムのポータルは、iPhoneデベロッパプログラムのメンバにのみ表示されます。

    注: プログラムのポータルは、iPhoneデベロッパプログラムのメンバにのみ表示されます。iPhoneデベロッパプログラムのメンバになるには、http://developer.apple.com/jp/iphone/programにアクセスしてください。

  • 開発用証明書(Development Certificate)。開発用証明書は、iPhoneアプリケーションのデベロッパを識別します。CSRが承認されたら、開発用証明書をポータルからダウンロードし、キーチェーンに追加します。

    XcodeでiPhoneアプリケーションをビルドすると、Xcodeはキーチェーンの中から開発用証明書を探します。証明書が見つかった場合は、Xcodeはアプリケーションに署名します。見つからなかった場合は、ビルドエラーを報告します。

    開発用証明書がキーチェーンにない場合は、プログラムのポータルから再度ダウンロードします。そして、「キーチェーンに開発用証明書を追加する」に記述されている指示に従います。

  • プロビジョニングプロファイル(Provisioning Profile)。プロビジョニングプロファイルは、1つ以上の開発用証明書、デバイス、およびiPhoneアプリケーションID(iPhoneデベロッパプログラムの契約に基づき、デベロッパまたは組織が開発するiPhoneアプリケーションの一意の識別子)を関連付けます。

    開 発用証明書を使って署名したiPhoneアプリケーションをデバイスにインストールできるようにするには、デバイスに少なくとも1つのプロビジョニングプ ロファイルをインストールする必要があります。このプロビジョニングプロファイルは、デベロッパ(開発用証明書によって識別する)とデバイス(一意のデバ イス識別子によって識別する)を識別できなければなりません。iPhoneデベロッパチームに属している場合、チームのメンバは、適切に定義されたプロビ ジョニングプロファイルがあれば、ほかのメンバがビルドしたアプリケーションを自分のデバイス上で実行できます。

図 5-1に、これらのデジタル資産の関係を示します。


図 5-1  iPhone開発用のコンピュータおよびデバイスの準備

iPhone開発用のコンピュータおよびデバイスの準備

デバイス上で動作するiPhoneアプリケーションをビルドできるようにするには、コンピュータと開発デバイスが以下の要件を満たす必要があります。

  • コンピュータのキーチェーンに開発用証明書が含まれている。

  • 開発用証明書を含み、デバイスを識別できるプロビジョニングプロファイルが、少なくとも1つ、デバイスにインストールされている。

  • 開発デバイスにiPhone OS 2.0以降がインストールされている。

コンピュータと開発デバイスをiPhone開発用に構成するには、以下の手順に従う必要があります。

  1. アプリケーションIDを設定する。

  2. プログラムのポータルにデバイスを登録する。

  3. デバイスにiPhone OSをインストールする。

  4. 開発用証明書を取得する。

  5. キーチェーンに開発用証明書を追加する。

  6. プロビジョニングプロファイルを取得する。

  7. Xcodeにプロビジョニングプロファイルを追加する。

  8. デバイスにプロビジョニングプロファイルをインストールする。

以下の各セクションでは、これらの作業について詳しく説明します。

Apple Developer Connection
★★★アプリケーションIDを設定する★★★

iPhoneデベロッパプログラムのメンバになったら、プログラムのポータルにアプリケーションIDを 設定する必要があります。iPhone OSは、アプリケーションIDを使用して、作成されたアプリケーションを識別します。iPhoneのアプリケーションIDは、10文字のバンドルシード識 別子とバンドル識別子から構成されます。バンドル識別子によって、1つのアプリケーションまたは1つのアプリケーショングループを識別できます。

次に示すのは、MyAppという名前の単一のアプリケーションを識別するiPhoneアプリケーションIDの例です。

GFWOTNXFIY.com.mycompany.MyApp

次に示すように、バンドル識別子の中でアプリケーション名の代わりにアスタリスクを使用すると、関連する1セットのアプリケーション間で、1つのアプリケーションIDを共有することができます。

GFWOTNXFIY.com.mycompany.myappsuite.*

注: iPhoneアプリケーションIDで使われる形式に関係なく、アプリケーションバンドルは、必ずそのバンドル識別子にアプリケーション名を含んでいなければなりません。バンドル識別子の詳細については、『iPhone Application Programming Guide』の「The Application Bundle」を参照してください。


Apple Developer Connection
★★★プログラムのポータルにデバイスを登録する★★★

ポータルに開発デバイスを登録するには、次の手順を実行します。

  1. Xcodeを起動します。

  2. 「ウインドウ(Window)」>「オーガナイザ(Organizer)」を選び、オーガナイザ(Organizer)ウインドウを開きます。

  3. デバイスを接続し、デバイスリストからそれを選択します。

  4. 図 5-2に示すように、「Summary」ペインの「Identifier」テキストフィールドからデバイスのUDIDをコピーします。


    図 5-2  オーガナイザ:デバイス識別子のコピー

    オーガナイザ:デバイス識別子のコピー
  5. ポータルに移動してデバイスを登録するか、またはチームの管理者に依頼してデバイスをプログラムに登録してもらいます。

デバイスにiPhone OSをインストールする

iPhone SDKを使用して開発したアプリケーションを実行するには、デバイスでiPhone OS 2.0以降を実行している必要があります。

デバイスへのiPhone OSのインストール方法については、「システムソフトウェアの復元」を参照してください。

Apple Developer Connection
★★★開発用証明書を取得する★★★

テストのためにデバイスにアプリケーションをアップロードする前に、Xcodeは、デベロッパの開発用証明書を使用してアプリケーションに署名します。

コンピュータ上で証明書署名要求(CSR)を生成することから始めます。

  1. /アプリケーション/ユーティリティにあるキーチェーンアクセスを起動します。

  2. 「キーチェーンアクセス」>「証明書アシスタント」>「認証局に証明書を要求」を選びます。

  3. 「証明書情報」ウインドウで、以下の操作を実行します。

    1. 「ユーザのメールアドレス」フィールドに電子メールアドレスを入力します。

    2. 「コモンネーム」フィールドに名前を入力します。

    3. 「要求の処理」グループで「ディスクに保存」オプションを選択します。

    4. 「鍵ペア情報を指定」を選択します。

    5. 「続ける」をクリックします。

    6. CSRファイルの場所としてデスクトップを選びます。

    7. 「鍵ペア情報」ペインで、鍵のサイズに2048を、アルゴリズムにRSAを選びます。

    「証明書アシスタント」によってCSRファイルがデスクトップに保存されます。

    こ のプロセスによって、公開鍵と非公開鍵のペアが作成されます。公開鍵は開発用証明書に保存されます。非公開鍵はキーチェーンに保存されます。非公開鍵は決 して失くさないようにし、非公開鍵にアクセスできるのはデベロッパ自身のみとします。そのため、非公開鍵をバックアップすることをお勧めします。非公開鍵 をバックアップすると、iPhoneアプリケーションの開発に複数のコンピュータを使用する必要が生じた場合にも役に立ちます。詳細については、「デジタルIDの管理」を参照してください。

  4. テキストエディタでCSRファイルを開き、囲みタグを含めて、テキストをすべてコピーします。

  5. プログラムのポータルにCSRを提出します。

CSRがチームの管理者に承認されたら、プログラムのポータルから開発用証明書をダウンロードできます。非公開鍵の場合と同様に、別のコンピュータでiPhoneアプリケーションを開発する場合に備えて、開発用証明書をバックアップしておきましょう。詳細については、「デジタルIDの管理」を参照してください。

Apple Developer Connection
★★★キーチェーンに開発用証明書を追加する★★★

XcodeがiPhoneアプリケーションにデジタル署名できるように、開発用証明書をキーチェーンに格納する必要があります。

コンピュータのキーチェーンへ開発用証明書を追加するには、次の手順を実行します。

  1. 開発用証明書をダブルクリックするか、キーチェーンアクセスアプリケーションアイコンに開発用証明書をドラッグして、キーチェーンアクセスユーティリティで開発用証明書を開きます。

  2. 「証明書の追加」ダイアログで、キーチェーンが「login」に設定されていることを確認し、「OK」をクリックします。

プロビジョニングプロファイルを取得する

プロビジョニングプロファイルを取得するには、次の手順を実行します。

  1. チームの管理者に依頼して、プログラムのポータルにプロビジョニングプロファイルを作成してもらいます。

  2. プログラムのポータルからプロビジョニングプロファイルをダウンロードします。

Xcodeのオーガナイザ(Organizer)にプロビジョニングプロファイルを追加する

開発デバイスにプロビジョニングプロファイルを追加するにはオーガナイザ(Organizer)を使用します。

Xcodeにプロビジョニングプロファイルを追加するには、次の手順を実行します。

  1. プロビジョニングプロファイルをDockのXcodeアイコンの上にドラッグします。

  2. Xcodeを再起動します。

この操作をすると、~/ライブラリ/MobileDevice/Provisionsディレクトリにプロビジョニングプロファイルが置かれます。また、「オーガナイザ(Organizer)」の「Summary」ペインの「Provisioning」セクションに、それが表示されます。

Apple Developer Connection
★★★デバイスにプロビジョニングプロファイルをインストールする★★★

オーガナイザ(Organizer)にプロビジョニングプロファイルを追加したら、それをデバイスに追加できます。

  1. 「オーガナイザ(Organizer)」ウインドウを開きます。

    プロビジョニングプロファイルが「Summary」ペインの「Provisioning」セクションに表示されます。プロビジョニングプロファイルが表示されない場合、「Xcodeのオーガナイザ(Organizer)にプロビジョニングプロファイルを追加する」の手順に従ってください。

  2. デバイスを接続し、デバイスリストからそれを選択します。

  3. プロビジョニングプロファイルの隣のチェックボックスをクリックし、デバイスにインストールします。

    イ ンストールが済むと、プロビジョニングプロファイルの隣のチェックボックスにチェックマークが表示されます。チェックマークが表示されない場合、プロビ ジョニングプロファイルにデバイスUDID、開発用証明書、および有効なアプリケーションIDが含まれていることを確認します。プログラムのポータルに移 動するかチームの管理者に連絡して、プロビジョニングプロファイルにこの情報が含まれていることを確認します。プロファイルに変更が加えられた場合は、「プロビジョニングプロファイルを取得する」の手順に戻ってください。

Apple Developer Connection
★★★システムソフトウェアの復元★★★

iPhone SDK 2.0などの特定のバージョンのiPhone SDKを使用してアプリケーションを開発する場合は、そのSDKが対象とするiPhone OSバージョン(iPhone OS 2.0など)で稼働しているデバイス上で、これらのアプリケーションをテストする必要があります。

iPhone SDKの元リリースに対応するiPhone OSの元リリースは、iPhone Dev Centerからダウンロードできます。

デバイスを復元するには、次の手順を実行します。

  1. Xcodeを起動し、「オーガナイザ(Organizer)」ウインドウを開きます。

  2. デバイスをコンピュータに接続します。

  3. 「Devices」リストからそのデバイスを選択します。

  4. 「Software Version」ポップアップメニューから、デバイスに配置したいiPhone OSのバージョンを選びます。

    インストールしたいバージョンが「Software Version」ポップアップメニューにない場合は、以下の手順を実行します。

    1. デバイスにインストールしたいiPhone OSリリースをhttp://developer.apple.comからダウンロードします。

      重要: iPhone OSをダウンロードするには、iPhoneデベロッパプログラムのメンバでなければなりません。

    2. 「Software Version」ポップアップメニューから「Other Version」を選びます。

    3. iPhone OSデベロッパソフトウェアを含むディスクイメージに移動し、「開く(Open)」をクリックします。

      Xcodeが、そのディスクイメージからiPhone OSソフトウェアを抽出します。ダウンロードしたディスクイメージは破棄できます。

    4. 「Software Version」ポップアップメニューから、新しくダウンロードしたiPhone OSのバージョンを選びます。

  5. デバイスの種類に応じて、「Reset iPhone」または「Reset iPod」をクリックします。

  6. iTunesを使用して、デバイスに名前を付けます。

Apple Developer Connection
★★★デバイス上でのアプリケーションの実行★★★

「開発のためのデバイスの準備」「システムソフトウェアの復元」(必要な場合)の手順を実行したら、開発デバイス上でアプリケーションを実行できます。

XcodeでアクティブSDKをiPhone Device SDKリリースに設定することによって、デバイス用にアプリケーションをビルドして、接続されているデバイス上でそれを実行できます。詳細については、「アクティブSDKの設定」を参照してください。


Apple Developer Connection
★★★コンソールログとクラッシュログの表示★★★

UIKitなどのiPhone OSフレームワークは、予期せぬイベントが発生すると、それを示すためにコンソールにログエントリを出力します。それらのメッセージは、/アプリケーション/ユーティリティにあるコンソールアプリケーションを使用して表示できます。また、iPhoneアプリケーション内でコンソールメッセージを作成することもできます。コンソールログを作成する方法の1つは、NSLogクラスを使用することです。Xcodeデバッガだけでなく、コンソールログも、アプリケーションのロジックを解析したり、バグを追跡するのに役立ちます。

iPhone Simulatorでアプリケーションを実行している場合は、Xcodeの「コンソール(Console)」ウインドウでコンソールログにアクセスできま す。ただし、開発デバイス上でアプリケーションを実行している場合は、Xcodeの「オーガナイザ(Organizer)」を使用して、ログエントリにア クセスする必要があります。

デバイスのコンソール出力を表示するには、次の手順を実行します。

  1. 「オーガナイザ(Organizer)」ウインドウを開きます。

  2. 表示したいコンソールログを持つデバイスを選択します。

  3. 「Console」をクリックします。


    オーガナイザ(Organizer)。デバイスコンソールログの表示

「検索(Search)」フィールドを使用して、ログエントリをフィルタリングすることもできます。また、ログをファイルに保存することもできます。

「オーガナイザ(Organizer)」の「Crash Logs」ペインには、アプリケーションのクラッシュについての情報が含まれています。クラッシュリストをリフレッシュするには、デバイスを一度はずして再接続しなければならない場合があります。

Apple Developer Connection
★★★スクリーンショットのキャプチャ★★★

ス クリーンショットは、アプリケーションの記録に役立ちます。また、この手順は、ユーザがアプリケーションのアイコンをタップしたときに、iPhone OSによって表示されるアプリケーションのデフォルトイメージを作成する手順でもあります。デバイスの画面のスクリーンショットは、「オーガナイザ (Organizer)」から、またはデバイス上で直接キャプチャできます。

「オーガナイザ(Organizer)」からスクリーンショットをキャプチャするには、次の手順を実行します。

  1. アプリケーションの画面をスクリーンショット用に設定します。

    アプリケーションのワークフローによっては、コード内にブレークポイントを設定して、そのブレークポイントまでアプリケーションを実行する必要がある場合もあります。

  2. 「オーガナイザ(Organizer)」ウインドウを開いてデバイスを選択し、「Screenshot」をクリックします。

  3. 「Capture」をクリックします。

    そのスクリーンショットをアプリケーションのデフォルトイメージにするには、「Save As Default Image」をクリックします。

コンピュータにiPhotoがインストールされている場合は、デバイス上で直接スクリーンショットをキャプチャして、iPhotoライブラリに読み込むことができます。

デ バイス上でスクリーンショットをキャプチャするには、「ロック(Lock)」ボタンと「ホーム(Home)」ボタンを同時に押します。スクリーンショット が「写真(Photos)」アプリケーションの「カメラロール(Saved Photos)」アルバムに保存されます。

注: スクリーンショットをキャプチャすると、デフォルトイメージには、表示されているとおりのステータスバーが含まれますが、iPhone OSは、アプリケーションの起動時にそれを現在のステータスバーに置き換えます。

Apple Developer Connection
★★★デジタルIDの管理★★★

証 明書署名要求(CSR)を作成して開発用証明書を取得するとき、公開鍵と非公開鍵のペアを生成します。公開鍵は開発用証明書に含まれます。非公開鍵はキー チェーンに保存されます。コンピュータ内のこれら2つのアイテムを使って、Xcodeでは作成したiPhoneアプリケーションに鍵ペアを使用して署名で きます。iPhoneアプリケーションの開発に別のコンピュータを使用する必要がある場合、これらのアイテムをそのコンピュータに転送して、キーチェーン に追加する必要があります。

このセクションでは、開発コンピュータのキーチェーンから非公開鍵を書き出して、保護されたディスクイメージに非公開鍵と開発用証明書を格納し、両アイテムをiPhoneアプリケーションの開発に使用する2台目のコンピュータに追加する方法を示します。

キーチェーンから非公開鍵を書き出すには、次の手順を実行します。

  1. キーチェーンアクセスを起動します。

  2. 「分類」リストから鍵を選択します。

  3. iPhoneアプリケーションの開発に使用する非公開鍵を選択します。

  4. 「非公開鍵を書き出す」ショートカットメニューを選びます。

    (非公開鍵のショートカットメニューを表示するには、Controlキーを押しながら選択対象の行をクリックします。)

  5. パスワードを入力して非公開鍵を保護します。

  6. 非公開鍵用の場所を選択し、「個人情報交換(.p12)」ファイルフォーマットを使用します。

非公開鍵と開発用証明書を含んだ保護されたディスクイメージを生成するには、次の手順を実行します。

  1. iPhone Developer Identificationsという名前のディレクトリを新しく作成し、非公開鍵と開発用証明書ファイルを置きます。

  2. /アプリケーション/ユーティリティにあるディスクユーティリティアプリケーションを起動します。

  3. 「ファイル」>「新規」>「フォルダからのディスクイメージ」を選びます。

  4. 以前作成したiPhone Developer Identificationsディレクトリを選びます。

  5. 新しい保護ディスクイメージを格納する場所を選択します。

  6. 「暗号化」ポップアップメニューから「256ビットAES暗号化」を選びます。

  7. 表示されるダイアログにディスクイメージのパスワードを入力します。

    「パスワードをキーチェーンに保存」オプションは選択解除する必要があります。そうしないと、誰でもアカウントを使ってディスクイメージを開くことができます。

  8. 保護されたディスクイメージを安全な場所に置きます。

ここで、別のコンピュータでiPhoneアプリケーションを開発する必要がある場合、次の手順を実行します。

  1. iPhone Developer Identifications.dmgディスクイメージファイルを2台目のコンピュータにコピーします。

  2. 2台目のコンピュータで、ディスクイメージを開きます。

  3. キーチェーンに非公開鍵を読み込みます。

    1. キーチェーンアクセスを起動します。

    2. 「ファイル」>「読み込む」メニューを選びます。

    3. 読み込む対象の非公開鍵ファイルを選びます。

  4. キーチェーンに開発用証明書を追加します。詳細については、「キーチェーンに開発用証明書を追加する」を参照してください。



ーーーーーーーーApple Developer Connection転載終了ーーーーーーー
| whaison | iphone | 11:20 | comments(0) | - | pookmark |
            
2009.10.08 Thursday
Xcodeをインストール解除する方法の翻訳
 Xcodeをインストール解除する方法

Xcodeの下で午前2:22に売春婦の客によって公表されました。

サンフランシスコの友達(ロドニーAiglstorfer)は、

Xcodeを彼のiPhoneと協力させるために輪を通って最近ジャンプしていました。

シミュレータ内に走り、
装置にダウンロードする(つまった)ようになるあなたの適用を持っているより、
何ももっと悪化させていません。

1ポイントで、プロセスでは、彼は、Xcode開発者ツールを削除し、

かつ始めから配置を始めることを選びました。

どれが先端に結びつくか:万一常にXcodeを削除する必要を見つければ、

それを起こらせるために
ターミナルのウィンドウの内部から
下記を実行してください:
sudo /Developer/Library/uninstall-devtools --mode=all
sudo/Developer/図書館/devtoolsをインストール解除する――モード=すべて

 十分に容易、これが、それが以前行ったことがあるように
あなたが実際に行うつもりのものであることを単に確かめる、
それは行きました。

先端ロドニーをありがとう。
Technoratiタグ:Xcodeここまでの15のレスポンス
「Xcodeをインストール解除する方法」への15のレスポンス

1.#マットCassarinoon 20は午後2:37に2009を損ないます。
ありがとう、これは私のために働きました。

2.午後5:20の#Chatinon 03 4月の2009ありがとう(私のmacbookに得られた2gb後部:)

3.、)。午前6:13の#Jakeon 08 4月の2009はこれが、それらのサポートページ上で、あるいはソフトウェアに付属するuninstall指示でリストしたほど単純な支援を(ありがとう、悪すぎるマック、)持つことができません!

4.午後5:35の#willon 11 4月の2009私のためにまた動かされた、喝采..

5.午前10:43の#Marianoon 13 6月の2009大きく働かれました!

6.午後9:41の#Ryanon 25 6月の2009動かされてありがとう。

7.午後2:34の#Lexon 07 7月の2009私のために同様に働きました!

8.午前8:14の#Paulon 23 7月の2009光り輝きます。私は、私が最後のXcodeを取り除いたまで、最新のiPhone SDKをインストールするのに苦労していました、インストールします。アップルの支援は、それらが問題を模写することができないと言いました!

9.午後10:10の#Anthonyon 03 8月の2009ありがとう!私は、現実に0KBまで自由にハードドライブを得ました。(現実に、それはその時点で「ゼロKBと言います)Xcodeから清潔にすることは完全でそれ以上容易になりえませんでした。

10.#ギャレットWinderon 11 8月、午後10:16の2009年よく、よく、それは容易でした。非常に多くをありがとう!

11.午前1:53の#mongoleon

12 8月の2009ドキュメンテーション、xcodeの削除に関して、pdfファイルとして開発者フォルダーにあります。そこで、このコマンドラインを正確に見つけることができます-12.。午後12:50の#ディジタルAguaon 25 8月の2009mongole、コマンドラインはターミナルのアプリケーションでアクセスすることができます。/Applications/ユーティリィティ/Terminal.app

13.午後12:43の#megaoyeon 30 8月の2009本当にありがとう!!!!

14.午前5:55の#jacksonon 01 9月の2009今日は、ポール、iは、SDK 3.0をインストールする問題を得ました、ファイルが認識されずに増大することができないと言い続けること、支援することができる?

15.#TYリモン12 9月、午前9:59の2009年涼しい!それは私のために作動します!本当にありがとう!!!U're、最上!Trackback URI|コメントRSS
| whaison | iphone | 22:41 | comments(0) | - | pookmark |
            
2009.10.07 Wednesday
自分のiPhoneを開発機 として 登録する
iPhoneを開発機 として 登録するをやりたくなった。






iphone dev Centerの Program portalってどこだあ レイアウトが変わってわかんないの

レイアウトデザインが変わったためか
ログインしたページで
「Portal」と文字検索してもありません。
Program Portalはどこですか?

って送っちゃった。

http://developer.apple.com/jp/support/iphone/portal/

「Portal」とさらにライブラリ検索しても説明だけじゃん。
http://developer.apple.com/iphone/search/search.php?Search=portal
でもいみわかんないし

Add Certificate
を検索してみよう。
http://developer.apple.com/iphone/search/search.php?results=10&Search=Add+Certificate&simp=1

CSRファイルをアップロードする場所がわからない
CSRで検索してみよう
http://developer.apple.com/iphone/search/search.php?results=10&Search=CSR&simp=1


ライトウェイトプログラマのための
iPhone アプリ開発ガイド
SE(SHOEISHA)から出てる

iPhone実機を登録する段階で
iphone dev Centerの Program portal
に ログインして
Certificates の Development タブから Add Certificate
をクリックしますの


「Program portalの画面」
ってどこにあるのか知ってる方いらっしゃいますか?
まったくわからんちんです;;
iphone dev Center
http://developer.apple.com/iphone/index.action
ってレイアウト変わってないですか?
って質問してみよう

http://mixi.jp/view_bbs.pl?id=46930601&comm_id=2589155


最初日本語の
whaison@me.com でStore IDで金払っちゃって 使えない1万円やっちゃった。
n-otsuka@colony-i.comで取って
また1万円払った。 俺ってばか ばかばか おこられちゃうなあ 彼女に


完全わかんなくなったんで
http://ameblo.jp/micro-garden/entry-10314470371.html
で紹介されているとうりに
日本語使えそうなとこに電話しました。

自動応答システムで
1:英語か2:日本語か
振り分け後
日本人でてくれました。
ホッしました。

Program Portalはアクティベーションがすんでいないといけないんですね目がハート

メールで以後の対応を送ってくれるそうです。

| whaison | iphone | 12:46 | comments(0) | - | pookmark |
            
2009.10.06 Tuesday
Xcode with Interface Builder for iphone App
開発基礎トレ4:アニメーションの基礎知識  


 開発基礎トレ4:アニメーションの基礎知識 その1

をやる予定

だったけど
iPhoneを開発機 として 登録するをやりたくなったので このエントリー たんま





開発基礎トレ5:アニメーションの基礎知識 その2
実機ダヨ!全員集合!Provisioning Profileの取得

迷子のアナタへ
ADC Telephone Support 困ったらここに電話!

番外編
お父ちゃん的 iPhone SDK 第一印象

Objective-C入門

超基礎から実戦まで。じゃじゃ馬なアイツを使いこなせ。
Objective-C入門その1:まずはコメントの書き方から
Objective-C入門その2:山の高さを知ろう!
Objective-C入門その3:「@」って何だ?
Objective-C入門その4:クラス宣言をマスターする
Objective-C入門その5:インスタンス変数宣言をマスターする
Objective-C入門その6:メソッドの宣言と実装をマスターする
Objective-C入門その7:アクセサメソッドをマスターする
Objective-C入門その8:メソッドの中身をマスターする
Objective-C入門その9:HelloWorldAppDelegate解決編(前編)
Objective-C入門その10:HelloWorldAppDelegate解決編(後編)
Objective-C入門その11:MyViewController.h一気読み
Objective-C入門その12:MyViewController.m一気読み
Objective-C入門その13:main.m一気読み

Objective-C入門番外編:オブジェクト指向って何だろう?
  
| whaison | iphone | 16:46 | comments(0) | - | pookmark |